南部市場の魚介で最高の夕食@自宅

タイトルさりげなくモッてますが、基本的に地味ですね


不詳びーぽん、ゆけむりさんのリクエストにお応えしてアップさせていただきますm(__)m(社交辞令を真に受けるなよ)


タイトルの南部市場、「ナンブ? どこの南部?」とか、「岩手県?」とかイメージされるかもしれませんね


この南部市場とは横浜市の金沢区にあります(一般的には杉田と認識されています)魚市場になります


横浜市の魚市場は、この南部と神奈川区の本場(ほんじょう)がメインと言えましょう


じつはこの南部市場、私とは深い関わりがありまして、こちらの水産会社の方や、仲卸の方とは中坊の時からのお付き合いなのです

ガキの頃から芝刈りに連れて行っていただいて、この人達が山奥で食べるのは必ず刺身定食(笑)、マグロをハシで持ち上げて「水っぽいなあ〜」なんて品評してるのでした(今だったら「職業病やなあ」とか思うんでしょうね)

それにほっけやらモズクをつまみに食べるのが定番

ホッケとモズクという食べ物はこの方々に教えていただいたのでした(スーパードライを一番飲んでいたのもこの頃なのはオフレコです)


また脱線しました、失礼致しましたm(__)m



この日は日曜、引き篭もり下で気晴らしのドライブ、どこ行こうかなあ?

そんなんで思いついた訳であります


こんな本がありまして
4E99B4CD-21E3-4532-9E6E-0FEE7E688CA3.jpeg
日曜の南部の食堂の営業は昼前からなんですが、買い物は一部朝からやっている模様


朝の7時にお邪魔してみました
4CEDF73B-E7E4-4628-A665-68607A43A50E.jpeg
人も少なくていいですね、人混みキライ、行列もキライなワタシにとって爽快なシチュエーションであります(80分の並びは地獄でした)


中はこんな感じ
A45BD3AB-501F-4566-8D75-3F34E1E920C9.jpeg
築地で言えば場外みたいなものですね、昼時は観光客もターゲットにしています


今回お邪魔したのは、かね扇(浜光水産)さん

水曜定休ですが、それ以外は朝の4時から営業しています(12時閉店ですけど)

浜光水産のサイトはこちら


アップする予定なかったのでお店の写真はなし


気の向くまま、こんな感じで買い物しました
0C6AFA11-A584-4CC6-8786-7E3B4CEF9692.jpeg
他にも買ってます



そんなこんなで夜は魚メインの食事に


突き出しのホタルイカ塩辛にアオヤギの刺身
4A87ED83-D19B-4ECE-AA02-14398C940C7C.jpeg
ホタルイカは鮮度が命ですが、この塩辛は素晴らしい!

そのまま食べるにはしょっぱいかもしれませんが、ご飯のおかずにはやや薄味

つまり、酒のつまみに最高ってことです♪


そしてアオヤギ

貝の刺身を意図的に食べることは少ないですが、これは最高でした(マヂで)

刺身のアオヤギとしては人生数本の指に入るものでした(マヂで)



子持ちカレイを売っていたので煮付けにしてみました
78C14878-88CD-4FBB-A0F3-E8A6E1A57063.jpeg
いたってオーソドックスに酒、味醂、醤油、砂糖で落し蓋をし、生姜を乗せたものです

甘辛がポイント、キンメの煮付けと同じ味付けで良いでしょう

卵がプレミアム感、恒例の自賛になりますが本当に美味しいわっ



導入ではレモンサワーを飲みましたが
A562B739-361B-40D4-B2D0-4517DF9AE4F1.jpeg


ここは一刻も早く日本酒でしょう

幸い飲んでいなかった七田がありました
DCE9FB93-CB14-4399-A4FB-F47117B65E20.jpeg


もはや至福っ!


大サイズの鯖を購入したので塩焼きに
E98551D1-5AEF-485A-B6AE-6EE92233D35A.jpeg
本来グリルとかなんでしょうが、ひっつかないアルミホイルでフライパン調理


脂の乗ったサバの塩焼きって、鯵や鯛より好きかも

レモンと大根おろしと醤油がベストマッチ!


もはや酒が進んで仕方ありません


そんなシメはサーモン飯
4F072963-A305-4078-86E2-678CB9CD03CC.jpeg


いやはや、これで最高にシマりましたね

至福とはこのこと、あとは寝るだけです(ウシになるわな)


今回の夕餉、ほんの軽い思いつきでしたが、想定を遥かに上回る一夜となりました、幸せを噛みしめるとはこのことかと(でも、その幸福は長くは続かないのであった………、みたいなドラマのなんとかフラグみたいのは気楽なので考えません)



今回の食事、繰り返しになりますがアップ予定なかったので調理写真はなし


その代わりと言ってはなんですが、驚愕のコストパフォーマンスをご紹介したいと思います


今回の一連のもの、はっきり言って少なくともここ一年で飲みに行った(行ってないけど)何処の海鮮居酒屋さんより最高でした


で、それぞれ(あくまで魚介本体のみで、サイドや調味料、光熱費は除外しています)


まずはアオヤギ

ひとパック580円、これを3人で食べたので一人200円弱


そしてホタルイカ

これなんとひとパック250円、これを4人で食べたので一人60円強!


カレイは600円を2パックで4人なので一人300円!


それで鯖は大780円を購入し、解体して4人で塩焼きに

一人前200円!


サーモンは忘れちゃった



驚きのパフォーマンスだと思いません?


もう、シャバに出ても飲みに行けないかもしれません(行くけど、たぶん)



解説ついでにQOL=クオリティオブライフ(昨日憶えた言葉をすぐ使うなっ)を高める是非ともお薦めなプチ贅沢がこちら


本来夜に炭水化物を食べないのですが、そんな禁忌に土足で踏み込んで来るのがこちら
85A5479B-D76E-461A-9197-DD2968B57EF5.jpeg
以前もご紹介した岩手のフラッグシップ米「金色の風」

手での研ぎを一回にして、水流のみの研ぎを2回、その後浄水に30分漬けでから流し、炭酸水で炊くと最高の仕上がりになります



醤油はこちら
D42E905F-9223-4568-AEA4-7EF658C80060.jpeg
長野県松本市の大久保醸造のものですが、購入は東京胡麻産業にて

東京胡麻産業サイト

私は丸の内の出店か代々木の本店で購入しますが、通販で注文出来ます

今回の塩焼きなどは「凄い醤油だ」で充分濃厚な旨味を感じられます、そしてトロなどには更に三年再仕込み(ほとんどたまり醤油)なら脂に負けないコクで刺身を引き立たせてくれます



そしてこれも紹介している京都錦市場「ぢんとら」の山椒
88C5A151-3549-45E8-B8A4-EC58EAFF4026.jpeg
騙されたと思って使ってみれば、たぶんスーパーなど市販の山椒食べられなくなります(楽天市場で購入可)


なんかテレビショッピングみたいになってしまいましたね………

でもこれ、アフィリエイトとかじゃありませんよ(もちろんYouTubeの企業案件みたいなのでもないです、そもそも頼まれないけど)

食に重きを置く私の場合、これらのアイテムで人生の幸福度が20パーセントはアップしているように思います(本当)


個々ではスーパーとかで見掛けたとしたら「高いなあ〜」と感じる値段ではあるのですが(醤油一本360ccで1250円(高っ)、ジロウ用ブタの漬け込みには1リットル100円の醤油を使っています)、シチュエーションを限定して大事に使えば、そうそう減るものではありません(あとは保存、醤油はちゃんと冷蔵庫で、山椒は使ったらフリーザーで)


本当に満足の行く夜でした、自宅なんちゃって高級居酒屋に再訪するために、また南部市場行かねばなりません

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

yukemuri
2021年03月10日 21:47
おっ、南部市場に行かれたんですね
朝早いとブランチヨコハマの方はまだやってないのかな?
食関の方は早朝からやっていますよね
どちらかと言うと、こちらの方が魅力的なお店が多いですよね
ただ、ブランチの方も山安をはじめ、色々あるのでチャンスがあったらのぞいてみて下さいネ
あおやぎのお刺身は美味いですよね、大好物です
ホタルイカの塩辛ってのは珍しいですね
最初は沖漬けなのかなって思いましたがパッケージに塩辛って書いてありますもんね
それから醤油にもこだわっているんですね
醤油ひとつで美味しさがグンと上がりますからね
我が家は減塩醤油なので、その楽しさは最近味わえていません・・・
びーぽん
2021年03月15日 05:57
ゆけむりさん
ゆけむりさんの記事と本を見てふらっと行ってきました
日曜ですし朝の営業は少ないですね、その分空いていて良かったですが
南部もずいぶん集客に力を入れた作りになったのですね、楽しそうです
青柳をわざわざ買うことはまずないのですが、これは美味しかったです、あとホタルイカもちょうど良い塩梅でした
山安もありましたね、これなら築地に行かなくてもある程度間に合いそうです

この記事へのトラックバック