火の豚@人形町でフュージョン?

最近小伝馬町や人形町で仕事をする案件が増えました


そんなんで気になっていたお店がこちら
63E11CD7-4692-46B8-9ADF-621BD53335B4.jpeg

火の豚@人形町(東京都・中央区)であります


なんか見えますね(?)



ED369A5C-D321-4C30-A29C-1B7A0FB533B8.jpeg



なぬっ?

ジロウと蒙古系(中本でしょう)が奇跡のフュージョン?  なんやそれっ???


ちなみに英語の出来ないワタシはフュージョンって良くわからないんだけど、イリュージョンみたいなアレでしょう(ちがう?)


そうそう、もう一度こちら
2BE25684-DDAC-40EE-8715-9348A3EC1045.jpeg
仕事がら日本語にはどうしても細かくなってしまうのですが、「二郎元出身」ってことは、今は二郎出身じゃないってこと?

「おみゃあはジロウ出身だったが破門じゃっ! ジロウ出身を名乗ることはまかりならんっ!!」

ってなったのか

二郎で働いてたんだけど、働いてた店が二郎から絶縁、あるいは袂を分かって(ラーメン神田店とか富士丸とか526(こじろう)みたいに)二郎じゃなくなっちゃったってパターンなのかな?(だったら「元二郎出身」が正しい表現だと思いますが)


まあ、実態はわからないのですが、日本語って難しいですね……


それと、いちおうワタシ自分で麺を打つ者ではあるんですが「縦切り自家製麺」って不勉強にして知りません、というか「横切り麺」というものがどういうものか知りたいです


またまたかなりヤな奴でしたね、因縁つけるつもりはさらさらないので先に進みますm(__)m





客入りの多くない11時過ぎ、時間はバッチリであります(というか、戦略的に昼から逆算してスケジュールを組み立てているのであります ←アポを10時にするだけやろ)


店内に入り券売機はこちら
96DA07A8-3D43-4DB3-A47A-EF9A2684EDBB.jpeg

いろいろありますが、当然「フュージョン」一択ですねっ♪



もったいぶって卓上から
AE865967-983A-412D-A848-D4CD790929C1.jpeg
シンプルですね、生姜や酢や豆板醤がないなあ〜って、アルツ入っていて家系とジロウの区別がわけわかんなくなっています……



くだらないヨタ話で引っ張りましたが「フュージョン」登場〜〜〜


フュージョン・ニンニクヤサイ(800円)
8772AA02-A493-4F83-88E5-D488D688797D.jpeg


いやあ〜、インスタ蠅じゃありませんが、ブログネタに対応したような食べ物ですよねえ〜〜

ちなみに「マシマシ」ご遠慮願います、とのこと
ポリシーかな?(わかりません)


まずは「二郎」の部分を味わっていきます
8AC69428-68F7-431F-8659-89D143AF64C9.jpeg
主観で言えば麺はガシガシ系、スープと相まって堀切系、蒲田二郎やぽっぽっ屋に引き継がれたテイストであります

スープも旨いですよ、ギトギトはしていないけどしっかり旨いスープです


そしてブタ
A3595D7C-CDFB-45AD-8919-4827D773512C.jpeg
わかるかなあ〜?  幸豚の狂ったみたいな塊まではいかないものの、結構なカタマリ

これがデフォなのか、早い時間のサーヴィスなのかはわかりません


で、その後本チャンの「フュージョン」に移行していくわけなんですよ


具体的にはジロウのラーメンに麻婆豆腐を溶かし込んでいくイメージ


ある意味まろやか&変化球ですね


必ずしもギトギトでないスープに麻婆が加わるのはナイスマッチングかもしれません


ミックスされたスープのおかげで完食完飲
0A6E5064-29DA-41A3-87AC-0527EA04EC50.jpeg


面白いアイデアだと思いました


そもそも各分野でかなり突き詰められた現代、単発勝負って結構難しいと思うのです


単発で勝負出来るのって、ベンチプレスで300キロとか、ピッチャーで170キロとか、極端な話ですけどそのくらいじゃないと突き抜けられないと思うんですよね


ボクシングだってストレート出しただけで相手のガードぶっ壊してKOする人なんていないでせう


だからこその合わせ技、1.5流×1.5流の相乗で1流、1流×1流で超1流ってのが今の時代じゃないんでしょうか(この発想もそもそもは受け売りなんですけど)


そんなことを感じさせてくれるお店でした、ご馳走さまでした




火の豚@人形町の食べログサイトはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yukemuri
2020年02月25日 22:11
びーぽんさん、なかなかインパクトがある食べ物ですね(笑)
二郎と蒙古の融合ってのも面白いですが、縦切り麺と言う独自の言い方も凄いですね
更に言うならば、二郎元出身ってのも奇抜な言い方ですね
店主はいったいどんな方なのか生で見てみたいものです
それにしてもスープまで完飲されているところを見ると、なかなか美味しいラーメンだったようですね
券売機にある朝ラーや、朝かけ二郎なんてのも気になります
ソーセージやうずらなんてものあり、これだけ節操がないとむしろあっぱれですね(笑)
びーぽん
2020年02月26日 20:16
ゆけむりさん
そう、ビジュアルインパクト抜群ですよねっ(笑)
ラーメン自体は節々に良さを残しつつ、むしろ食べやすいラーメンでした、マーボーでギトギト(そもそもそんなギトギトはしてないんですけど)が緩和される感じ、普通に完飲してしまいました

縦切りとか元出身とかはよくわかりませんね、あえて言及しましたが現地ではスルーしてました
ちなみに私がこの人が店主かな、って目星をつけた方は50半ばのおっちゃんでした

フュージョン以外に目もくれなかったせいか、ソーセージがあるなんてゆけむりさんのご指摘で今知りました(笑)、次行くとしたらなに食べようかな

この記事へのトラックバック