田上家@弘明寺

日曜の昼下がり、ふらっとゆけむりさんのお膝元「田上家」に行ってみました

いつも平塚にある「矢口家」と混同して、矢口家は何度も行ってるんですが田上家は初めてなんです

田上家は京急(地下鉄も通っています)弘明寺駅近く、鎌倉街道沿いにあります


田上家@弘明寺(横浜市・南区)
4ACD92C8-ACE5-414E-BC17-6962897250A5.jpeg

今回はキャベツラーメンにすることに、こちらです

ラーメン硬め・キャベツ・飯(700円+100円+50円)
9C6DA445-2753-4D20-A2AF-E6F544EA02D7.jpeg
ライス50円ってのはサービス価格ですねっ!
量も基本的にはこれで充分

卓上はこちら
AEA1B3AC-16E7-4676-975D-9C96BB23FFCB.jpeg
にんにくはミドリじゃないフツータイプ、定番の豆板醤に胡椒、酢、おろし生姜など、刻み生姜もあります(あとすり胡麻)


麺をひと口食べてから……、とか儀式めんどくさいから、最初から載せさせていただきます


コショウ、豆板醤少々、ニンニク少々
58ABDC96-BB8A-462D-9B4C-FB612910DD1E.jpeg
どうでもええわっ!


ちなみに午後に差し掛かっていたのと(夜の酒がまずくなる)減量中なので(これ食ってるとちょっと白々しい……)並盛で注文

あと最近の流れで「味濃め」もなし

キャベツはその昔、今は亡き大田区の「こうや」で憶えて以来好きなトッピングのひとつ


しどもど言わず、まずは麺を頂いてみましょう♪
90D0893A-86CD-4D53-A5E1-CD54404BBB83.jpeg
写真だとわかりづらいですが、一般的な家系より細いのかな? 酒井製麺だと吉村家と同じはずだけど、わざと変えたのかな?

今回硬めで頼みましたが、あんま硬くなかった

まあ、たまにはそういうこともあるでしょう
次回硬めに巡り合う楽しみが増えました


で、肝心なスープはどうでしょう?

一言でいうとゼロラインを体現した、良い意味で中立(スタンダード)なスープ(?)


吉村家を筆頭とする直系の醤油のともすれば尖ったとも言える感じ、壱六家の流れの「壱系」のマイルドに寄った感じ、六角家やたかさごの濃厚にもたれかかってくるような感じの(今は知りません)、偏った部分を除いた家系の子午線(子午線ってなんだっけ?)のようなスープです


スタンダードだと私だったら味濃めで良かったかなというレベル、あと、あくまで今回をベースにしますと家系にしては限りなく油は少なかったです

「アブラ多め」は遥かなる憶い出の六角家でトラウマになってるので頼まないのですが(そのまた昔の学生時代の杉田吉村家では味濃め硬め油多めがスタンダード)、ここだと私なら油多めかなあ〜?


ちなみにチャーシューはこんな
B5F70D21-E921-4C60-9C5E-491634423768.jpeg
厳密には吉村家のとは少し違うんですが、赤縁スモークタイプで美味しい〜〜


サラっとした感じで完食完飲させていただきました
C3B412D8-E6CC-46A7-A9BA-F1858350BD10.jpeg
なんかもたれなさそうな家系ですね(悪い意味でなくて)


総括なんですが、これまで述べてきたような秀逸さが光るラーメン

一方、あくまで今回がデフォとの前提の下に味濃め油多めにしたかった、あと麺はお店さんの方でちゃんと硬めにしてもらって………


ゆけむりさんも褒めてらっしゃるし、いわゆるネットの評判も高いし、私自身のスープクオリティ評価も高いのだから、自分の嗜好に合ったベストマッチで次回味わってみたいと思います


あと、たぶん店主さんでいいのかな?

ヒゲたくさんはやしたクマゴローみたいなおじさん

なんだかんだこの方が調理を束ねつつも接客を差配していると感じました

じつは3席空きの中央に座ったわたしが、入店客が二人連れなのを券売機到着前に見切って(ここ自慢でもなんでもないからどうでもいいです)一席ずれたら、奥から「有難うございます〜〜、大変助かります〜〜」との声が掛かりました

どうでもいいっちゃどうでもいいんですが、こちらなりのささやかな心配りを感じてもらえるのは悪い気分じゃないですよね♪

おらあ〜、そこのアフォ接客した八重洲の富士そばのワレじゃあ、わかっとんのかあ〜!

なんだかガラの悪い人みたいですね

間違ってもグラサンかけてクルマ乗りながら、ゆったり走ってらっしゃる前の車にそんな罵声掛けてるわけじゃありませんよ……


だんだん話がずれてきましたね

なんせ今日はささやかな独りねっくすでのクリスマスイヴ
B3CE8BB1-CC49-408A-9DAA-31700FA23F21.jpeg
まあ、ねっくすって段階で仕事トロくて居残りの証ですからね

勝手に半分デキあがっている訳であります


話し戻ると田上家さんの食べログサイトはこちら

よろしゅうm(__)m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

yukemuri
2019年12月25日 13:13
おっ、田上家に行かれたんですね
細かい部分は若干好み通りでは無かったようですが、概ね合格ラインだったようでホッとしています
ただ、麺硬め指定にもかかわらず、硬くなかったってのは解せませんね
それと味も薄目の脂少な目ってのも自分の印象と違っています
それに作り手がクマゴローみたいなおっさん???
おっさんでした?
40歳前後のやや若目の方ではありませんでしたか?

そう言えば昔は酒井製麺&緑のニンニクだったんですけどね
いつ変更しちゃったんでしょうかね?
https://yukemuri-manpuku.at.webry.info/201411/article_13.html
あっ、それからコインパーキング使用時は海苔マシサービスがあったはずなんですが、今はどうなっているんでしょうかね?
びーぽん
2019年12月26日 06:53
ゆけむりさん

おはようございます
そう、行ってきました
関内に出掛け、鎌倉街道をだらだら下りながら、じゃあ田上家に行くかって感じでした

たぶん私が食べた時がスタンダードとも限らない気がしているのですが、インパクト云々というよりは基本に忠実で丁寧な家系、というのが印象でした
麺はたまたまということであまり目くじら立てていません

座席は入り口に近い中央あたりでしたが、目の前に40というよりさ30過ぎくらいのお兄さん、奥にひげのおじさんが居ました

クルマは店から50メートルくらい横浜寄りの渡ったとこに止めました、券はなかったですがどうなんでしょうね
2019年12月28日 10:45
おはようございます~

「家系」とヒトクチにいっても醤油が立ったやつとか、とにかくマイルドなやつとかいろいろありますよね。
醤油が立っていると「ん?和歌山っぽいな」とかマイルドだと「これこれ、オレの家系のイメージはこれ」とか思いながら食べています。
京王線の府中駅にある「府中家」という店が好きでした。
夜はごはんおかわり無制限になるので、海苔をトッピングしてスープに浸した海苔をおかずにメシを3杯食うのがシアワセな時間でした。
最近はカラダのこともあるので控えていますが・・・あぁ、食べたくなりました!!
びーぽん
2019年12月29日 12:06
ゴリライモさん

こんにちは

我々のようなこちら在住ですとどうしても吉村家を中心とする直系をメインに考えてしまいますが、全国的にはむしろマイルドな家系が主流かもしれませんね

家系で飯三杯ですか、キョーレツですね
最近少なめですが、たまに食べると家系も二郎も美味しくかんじますね、やはり

この記事へのトラックバック