壱角家@八重洲の黒家系ラーメンは、まあアリですね

とある日の食の谷間、午後3時頃でしょうか

ちょっと昼が中途半端だったので小腹を満たすことに………

ダイエット中だとご法度なのですが、幸いにして今はバルク中~

でもラーメン(特に豚骨系)は脂質でハイカロリーだから、あんま推奨食べ物ではないんですけどね



まあいいや



そんな訳で八重洲の壱角家を訪問、言わずと知れたチェーン(フランチャイズ?)です

壱角家 八重洲店@八重洲(東京都・中央区)
画像



さてなんにすっかなあ~、なんてメニュー見て目に留まったのが表題の「黒」ラーメン

黒家系ラーメン・味濃め硬め(780円)
画像

画像

ご想像のとおりマー油ですね


いちおう仕事中だからにんにくはちょっと、あと胡椒と豆板醤を少々
画像


結論 : アリですね、いいんじゃないでしょうか?


いちおう私もまあ、家系の好みをとやかく言ってもバチの当たらない程度の訪問件数は行っていると思いますが、壱角家って案外嫌いじゃあないんですよねえ~

通を自認する人間ほど、こういう店に対しては排他的な態度になるものですが、セントラルキッチンなのも尖ったインパクトもないのも承知で、悪くないと思います

個人的には少なくとも上場している現在の丸千代山岡家よりははるかに良いと思います


で、肝心の「黒」ラーメンですが、これはもう3歳児なみにわかりやすい味なのですね(3歳児はたぶん家系食べないけど)


ラーメンは基本、醤油、味噌、塩に分類され、これに豚骨が加わるケースもありますが、この分類が通っていたのは豚骨ラーメンがまだ首都圏でマイナーで、イコール博多豚骨だった頃のはなし


今や豚骨は醤油や味噌、はたまた塩とも重なりあって、万能出汁として定着してしまった感があります

醤油の家系はもとより、松壱家の味噌豚骨なんか、もう誰が食べても外れようのない味に仕上がっちゃいますもんね(濃厚嫌いな人を除く)


そんなこんなで手堅く満足、強いて言えばもう少し熱ければ秀逸レベルだったかもしれませんね


壱角家の上手いとこは、家系(ここでは直系)のポイントを押さえてるとこ

卓上はこんな
画像

一連の家系セットに加え、刻み生姜とかあるだけで印象点が一挙にアップするのですよ(仮にラーメンがたいしたことなくてもカバー可能)


刻み生姜はライスが定石
画像

ライスはセルフで食べ放題ってものツボを突いていると思います(この日は一杯しか食べませんでしたけど)

横浜市内でわざわざ壱角家行く必要もないかもしれませんが、神奈川県外で家系食べるなら、ヘタなリスク取るなら壱角家で外れはないと思いますよ、たぶん



※注 : 本レポートはお客様に特定の商品を推奨する意図をもって書かれたものではありません。店舗選択に際してはお客様の嗜好・体調などを勘案し、自己責任において判断くださるようにお願いします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年10月31日 23:30
まず、自分は家系が大好きですが、幸楽苑やくるまやも大好きです
なので、自分自身通だと思ってないし排他的な先入観も持っていません
美味しい物は美味しいと、公平な目を持っているつもりです(そう言う風に見えてないかな?)

なるほど黒家系ですか?
マー油を使っているんですね
これはこれでちょっと食べてみたいですね
それと麺が力強い感じで、これまたスープと合いそうですね
仕事中だからニンニクは少々とありますが、中央付近の白い大根おろしっぽいものはなんでしょうか(笑)
こちらはご飯が自由になっているんですね
これはポイント高いですね!
2016年11月01日 06:16
ゆけむりさん
あっ、もちろん排他的な通を自認云々はゆけむりさんのことではないですよ(笑)、ネットなどでよく見る一般的な壱角家評です

マー油はむかしは桂花がポピュラーで、いまだとなんつっ亭でしょうか、にんにく由来のわかり易い美味しさですよね

私もゆけむりさんのようにやはり直系が好きですけど、壱系のクリーミーなのも嫌いではありません
壱角家はあれだけ多店舗展開している割には手堅い味に纏めていますから、ある意味たいしたものだと思いますね

ちなみに先刻ご存知の通りと思いますが、通常ですと中央の大根おろしみたいなのが5つくらい点在しますよね(笑)

この記事へのトラックバック