行列の出来るど濃厚トンコツ味噌ラーメン@自宅

かなり久しぶりの自作ラーメンですね
気合い入れまくって一(いち)から作ることは少ないけど、部分ぶぶんを作ってのラーメンはそれでもぽちぽち食べています

今回もあるものも使ったラーメン、その名も「ど濃厚トンコツ味噌ラーメン」(笑)


さあ、どんなラーメンになるでしょう?


コンセプトは「中途半端な味噌ジロウ」

いっそ徹底して作るのもアリだったんですが、そこまでの気力はなし




まずは麺から、実食3日前になります


仮にも二郎を意識するなら粉は「オーション」一択
EF551870-BC69-4BD3-8EC0-B19CC4791FDA.jpeg
三人分の予定で300g

かん水と塩は6gずつ

バギバキ低加水麺を目指すので水は90g(加水率30%)


まずはここまで手ごねで持っていきます
B27E4BF6-50A7-417E-9C75-E2EC3129BDBF.jpeg

これをジプロクに移し足踏み10分
53FBE220-D676-4F6A-9229-9E82AD6479C6.jpeg
2時間ほど寝かせます


打ち粉をして切り分け
C5DFE938-001D-46C5-A8C0-5B3ECB54C4D8.jpeg
三人前ですね♪


延ばして、カットして完成〜〜
BB3AA407-CF0F-400B-88C2-6CD4B7979336.jpeg

あれっ、これだけ?

いやあ、低加水って本当難しいですわ

製麺工程のポイントは、1)いかに麺帯を綺麗な長方形に近づけるか、2)圧延の過程で外側にヒビなく延ばすか、だと思っているのですが、低加水だとこの2)に凄い往生するんですよ

もちろん多段階で圧延は行ってますが、それでもこんな感じになっちゃうんです
D936338A-D76E-47AF-8C8B-EB49FBC6D4AD.jpeg
このギザギザの部分を除いて製麺すると、先ほどのように歩留まり33パーセント(一人前)になってしまうと言うわけorz





お次、味噌だれ
C09CF905-23CB-48B8-A757-69C529991A57.jpeg
味噌、酒、味醂、にんにく、山椒、味の素、です
あと写真忘れたけど醤油(少々)


プロは味噌をブレンドしますが今回は一種類
味噌ラーメンには北海道味噌の「ほほえみ紅一点」がお勧めです(ネットで購入出来ます)


6〜7杯分イメージですが、酒と味醂を60ccずつ沸騰させ火を付けアルコールを飛ばします
F79D15B2-156A-4A7B-854C-C0BA5E606DB4.jpeg
味醂は三河みりんがお勧めです


アルコールが飛んだら味噌とおろしたにんにくを投入〜
7788B4C7-E798-4D8B-B6C9-BBD114C2E296.jpeg
ビジュアル的にアレですけど……


ここに隠し味の醤油を大さじ1を加え、弱火にかけながら溶かし込んでゆきます

味噌を溶かし込み、ぷくぷくしてきたら火を止め、山椒小さじ半分と、味の素大さじ山盛り1を加え、混ぜたら完成〜〜
21D5015E-BF50-46A0-8919-2BF14C72E533.jpeg
冷蔵庫で1〜2日(あるいはそれ以上)寝かせておきます




これで麺と味噌だれが完成しました、あとはスープ

豚骨ラーメン自体は失敗したので記事としてはボツになっていますが、昨年作った豚骨スープ
C380C5E4-A180-433B-B2F0-7D35B5246EE9.jpeg
げんこつ、背ガラ、豚足を圧力も使いつつ炊き込んだド濃厚スープ!

こちらを使用します



では調理に移ります

具材はこちら
5151C66C-19D2-4D61-AE47-7327CCE5EA7D.jpeg
もやし、玉葱、挽肉(豚)、炒め時に使用する大量の生姜

トッピングにする長葱、にんにく

そしてチャーシューです、ちなみにこれは以前アップしたなんちゃって喜多方の時のもの

こちら


材料切り分け
9E86D018-F847-4007-9200-2439C3E9BEA6.jpeg


チャーシューは炙ってやります
BB8C74FD-763A-4AB1-A5E2-297B6A13C94F.jpeg


スープは味噌と合わせ、弱火で「保温」状態にしておきます
2244247F-518F-470E-A63D-E67C578A5DFE.jpeg


材料が整いスープをセットしたら麺茹で
5F414E3B-85E1-4CC4-8368-28CC0043D9BD.jpeg
4分半です


麺を茹でている間に野菜の炒め


挽肉、もやし、玉葱はオーソドックスですが、大量の生姜でネオタンメン「トナリ」のテイストを目指します(あと塩胡椒)

ちなみに札幌ラーメンなどでは野菜をさっと炒めてスープを注ぎますが、今回はよりモヤシのシャキッと感を出すため別調理にします

これだと麺揚げ2分まえくらいから炒めを開始するのがベストですね


そんなこんなで温めておいた丼にスープを注ぎ、麺を加え、炒め肉野菜を載せます

最後に長葱、チャーシュー、そして刻みにんにくをトッピングしたら完成〜〜〜



完成の巻

ど濃厚トンコツ味噌ラーメン・炙りチャーシュー(1500円笑)
BB73D338-5D2E-4216-8E54-D7E9B234FB03.jpeg


いただきまする


まずはスープをひとくち………(写真は3口めですがツッコまないでください)
2E9A67C0-0D46-49FC-997A-2C5AAC6895C5.jpeg
天一に近いくらいの粘度の超濃厚スープ、パンチがありますわ

そして「ほほえみ紅一点」は味噌ラーメンになるために生まれてきたような味噌ですね♪




そして麺
8284702B-6018-434A-8121-C723CC55DAE9.jpeg
ガシガシゴワゴワの王道二郎麺

文句なしですが歩留りが課題


刻みにんにくを載せるとどんなラーメンでも二郎っぽくなるんですよ

今回は生姜もばっちり効いていて、二郎とトナリのぜいたくなコラボ


そして喜多方チャーシュー、炙ったら驚愕の旨さになりました


味噌ラーメンには一味っ!!
12F9CF93-429D-4DA2-B7AC-41CCB4F1DC37.jpeg
必須ですね


特濃スープで重くなるところを生姜でさっぱりさせ、にんにくのインパクトが同時進行♪


ご馳走さまでしたっ
65C8FA28-4F1D-46BB-B76F-7BC886DBE469.jpeg

いやあ〜、旨かったですね

新橋あたりの好立地なら20分くらい並んでも食べる価値のあるラーメン

月に一度は食べたくなるラーメンですね、一週間連続で食わされたら色々な意味で拷問ですけど………


味噌ラーメンの炒め肉野菜に生姜、刻みにんにく、やってみてくださいm(__)m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

yukemuri
2021年04月11日 21:12
あれっ?
製麺機変えましたか?
自分もびーぽんさんの真似して製麺機「うまくてご麺ね」が欲しいと言ったら、置く所が無いからとあっさり却下されました(>_<)
今回は濃厚豚骨味噌ラーメンですね
良いですね~
恐らく味に関しては文句のつけようがないと思います
きっと作る過程が楽しいんでしょうね
自分好みにアレンジしていく
脂の多さやスープの濃さ
更には麺の太さや粉の配分なども自分好みのポイントを見つける楽しさが加味され、単純に味噌ラーメンの完成度以外の部分も重要なんだと思いますよ
それとは別に、麺上げとは別に炒めを開始するタイミングも重要かつ難しいと思います(この点は自分も感じています)
それらのタイミングがバッチリ合い、完成度も高いと満足度もすごく高くなりますよね!
あ~、製麺機が欲しいですよ~
びーぽん
2021年04月13日 06:28
ゆけむりさん
おはようございます
パスタマシンはもう購入して1年半くらいになり、うまくてご麺と併用していました
ご麺の歯が緩くなってベビースターのくっついたバージョンみたいなのが出るようになったので今はパスタマシンの歯を追加購入してこちら一台でやっております

ご麺は価格も手頃ですし、中細麺、つけ麺、平麺、うどんサイズも出来ますし、箱に入れておけば場所も取らないから、よろしかったら是非購入されてみてください
家で思い通りの美味しい麺が自由に楽しめますよ、キャサ……じゃなくてお連れさま、是非前向きに検討されてみてくださいましm(__)m

味噌ラーメン、美味しく出来ました
一般には豚骨スープの作成がハードル高いということになるのでしょうが、生姜とにんにくのトッピングはいつもの味噌ラーメンと一味違ったものになると思います

おっしゃるように美味しいラーメンを作るのもさて置き、自分で作る感が第一かもしれませんね
味だけならウェイパーと醤油だけでもそれなりのものになりますが、趣味と自己満足が目的ですので(笑)
ただ、結構本式のプロを見ても化学調味料を使っているケースを多く見掛けますので、ものによってはたまに使っています、あと帆立顆粒なんかは買ってみようかと考えています
2021年04月18日 16:38
どなたかのブログで麺を自作するのを見て衝撃を受けました。アトラス欲しいなあと思いながら、カミさんの「麺なら買った方が楽じゃない?後片付けも要らないし」のつぶやきでとん挫^^;
びーポーさんもやっていると知ってまた病気再発です。それにしてもこの味噌ラーメンのおいしそうなこと。これは無理だわなあ(;´`)
びーぽん
2021年04月21日 07:20
サヤ侍さま
おはようございます
市販でも色々ありますが、細麺では九州のような低加水の物はなかなかありませんし、二郎の麺はやはり山岸さんのつけ麺用太麺では代用出来ませんし、やはり自作は便利ですよね
アトラスですとデフォルトで2mmの中細麺とフィットチーネ用平麺の歯が付いてきますが、太麺用3mmと極細麺用の1mmを買い足しています
シンプルな料理でもひと手間加えて見違えらせたり、塩辛や干柿まで作ってしまわれるサヤ侍さまなら、アトラスあればきっと素晴らしい麺が出来ると思います

この記事へのトラックバック