麺屋 煮干と鶏 ひんな@弘明寺

ワタクシ、べつにストーカーじゃないんです
でも、最近のゆけむりさんのお店が気になり、勝鬨家に続いてまた訪問してしまいました


こちら


ほんとは朝に別の店にゆく予定だったんです(杉田家ではない)、でも出掛けにハラ不調になるわ、眠くなるわ(2時に目覚めていました)ので中止、昼前に思い立ってこちらにした次第です



場所は京急弘明寺
1F6E02FB-9431-4F7F-9F42-A974B786DD21.jpeg
京急と地下鉄の違いもわかってないレヴェルの土地勘(昔美味しいホルモン店行きましたが、場所定かでない……)


今回は気合い入ってますぞよ、開店20分前に並び、一番乗りであります


こちらは諸説ありますが、基本レア系ラーメン屋(?)の丿貫(へちかん)系のお店

丿貫(関内)行ったことないので、その意味でリサーチを兼ねています


到着時がこちら
4ACD27D2-C86A-4330-8719-BE8DBC6823DB.jpeg
10時40分だからのれんも出てませんね

店前のベンチで独り待っていますが、万が一ゆけむりさん御一行が来られたらと想定し、「ゆけむりおやじの旅日記」サイトをこれ見よがしに閲覧していました(笑)


まあ、それはさて置き、ジャンルはこんな感じ
76FDCAED-88D3-4E78-B68F-E4B0991C6C55.jpeg


当然初回ですし、デフォの「煮干」確定だったんですが、これ見てたらどうしても「渡り蟹」に惹かれちゃったんです

まあ、「煮干」はある程度想像つきますからねえ〜


改めて券売機メニュー
6A6A553A-09CA-419C-ADA8-180AF81455C6.jpeg
ちょっとわかりずらいかな?


せっかくなんで「特製濃厚渡り蟹らーめん」に「浅利の替え玉」にしてみました


登場〜〜〜♪


特製濃厚渡り蟹のらーめん・浅利の替え玉(1100円+300円)
DB53F74D-6C3F-4F06-8F06-3448BEC8A86B.jpeg

ではまずスープをひと口………


ベースの鶏と煮干に蟹(の風味)がしっかり乗っています

蟹は甲羅までミンチにしたタイプで生臭さはなし、苦味がアクセントになっています


けっこうインパクトありますね、さすがに……


そして麺
3BF76C99-B0F1-4704-BFD2-349DF3E7C75E.jpeg
かなりパツっときますが、九州系とはやや異なる味わい

煮干系にバリバリの九州麺合わせてくる店たまにありますが、なんとなく違和感を感じていたのでこれは良いと思いました


「特製」なので色々乗っています

メンマは支那そばやにもあるような長い穂先物

そしてチャーシュー
7ED70D02-D8CF-42A3-B343-C3DAB7512B4E.jpeg
ロースでしょうか?  しっとり仕上がっています、上質ですね♪

味玉もさすが、ここら辺はそつなくレヴェル高いです


麺をひとしきりと、具材を7割がた食べたら替え玉
D300D489-F682-4E7C-A2C5-6CD29A453651.jpeg
頼んでから茹で始めますから、半分くらいのところで頼むのがジャストだと思います


こちら、かなりの量………、飯頼まなくて正解でしたわ

浅利のエキスでしょう、あとハム的な小角切りチャーシュー、玉葱、あさつき、そして魚粉が添えられています


指定に従って、まずは混ぜてそのまま食べます


これはそのままでも完結しますね、貝の出汁のみでなく複合的な組立てになっています


この麺を半分ほど楽しんでから丼へ


既存のスープに新たな味が加わりますが、元スープのインパクトが強いんで激変まではいきません

最後の方で卓上の煮干酢を
758DFA54-0211-4D58-83A0-FCCDFD219175.jpeg
想定通り煮干なんか改めてはわかりませんでしたけど、蟹の出汁と相まって、通常の煮干ラーメンに酢を入れたものとも異なる甘みを醸し出していました


ハイレベルなラーメンを完食完飲、ご馳走さまでしたっ
C8E7B3F8-A34B-4488-BC75-0448C452A536.jpeg


いやあ、満腹です………


またユニークなラーメンに巡り会えました


で、最終感想

けっこう重いわ………


トータルの麺の量が多かったのもあるけれど、ベースの鶏がかなりヘビーさを出しているのでしょうね

ゆけむりさんが「濃い……」を連発されていたのが良くわかりました……


あと、替え玉まで込みですと、スープの熱さがもう少し残ってると嬉しいな、叶わぬ願いですが以前の元住吉の「あびすけ」みたいにIH付きだとガラッと印象変わるんでしょうね


次回は「淡麗」にしようかな(笑)


結局日曜のこの日、開店まえの並びは私一人、退店までの入店客も2人だけでした


メニューの豊富さでリピートしたくなるお店ですが、3日連続で食べたらたぶん拷問系(恐)

出来て日が浅いというのはあるのでしょうが、休日に大行列にならない訳は、そんな「重さ」にあるのかもしれません



ひんなの食べログサイトはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

yukemuri
2020年12月17日 10:26
おっ、早速ひんなに行かれたんですね
しかも一番乗りですね
濃厚煮干しではなく渡り蟹を注文されたようですが、ベースは煮干し&鶏なのですね
更に濃さが増すような感じですね
替え玉の浅利もかなり魅力的ですね
この浅利の替え玉だけ浅利のスープで食べてみたいですがダメなのかな?
やはりびーぽんさんにしても重いと感じられたようですね
だからスープが少ないのですかね?
あるいは原価的にはスープが一番かかっているからでしょうか?
自分の時は先客に後続客に、出る時に更にお客と、けっこう繁盛していた印象ですが日曜日の開店早々にこれだとなんか微妙ですよね
それはまぁ良いとして、次は淡麗とありましたが、自分は淡麗かなり美味しかったと記憶しております
それと共に、濃厚煮干し系は今一つ自分には向かない気がします
それよりかG系の方が自分にはあうような気が薄々しております
m(__)m
びーぽん
2020年12月17日 23:05
ゆけむりさん
ゆけむりさんのブログ見て早速行きましたよ
弘明寺丿貫と少し迷ったのですが、せっかくだからこちらにしようと
ベースは100パーセントの確信はないんですが、蟹だけで出汁すべてをカバー出来るわけもなく、消去法でそのように判断した次第です
すべてにおいてハイレベルなのは間違いありませんね
そもそも「濃厚」を謳っているのですから、それを期待した人に対しあっさりでは失望を招くでしょうから完全に好みの問題なのですが、私には少し重く感じました
自分でも「濃厚」は作るのですが、ど豚骨にすると正直重さが勝ります(それもアップしていない理由のひとつです)、なので最近では濃厚なのに濃厚さ(重さ)を感じさせないのがプロの腕なのだと思っています
その点、淡麗は名前の通り濃厚の縛りがないから、我々には抵抗なく美味しいと思えるのでしょうね、次回が楽しみです 
あ、スープが少ないのはおっしゃる後者のコストの方じゃないでしょうかね
替え玉込みで考えたら冷めるペースを落とすためにもスープは大いに越したことないでしょから
二郎系ですと、本来なら旧王子郎、今の富士丸に是非行っていただきたいのですよね
北東京ですし、夕方からしかやってないから実際は難しいでしょうが、今の三田の本店以上に二郎らしい二郎です
ふだんはインスパいろいろで自分を満足させようとしていますが、やはりパンチが全然違いますね

この記事へのトラックバック