ひさびさバリ男@日本橋

ちょっと時系列的にはバラバラなんですけど、珍しくここ1ヶ月で二度バリ男に行きました

バリ男@日本橋(東京都・中央区)
76790BD6-1BBB-4A0C-9EC6-806907A4F33C.jpeg
誰も居ませんね、そう、11時の一番乗りなのです♪
 
ちなみに前号の「ますたに」とは体感で20mくらいの距離、昭和通り入った高島屋裏のイメージですが、もちろんますたによりは古株です、ここでは


でもって、なんで「バリ男」に来たかってゆうと、ジロウっぽいもんが食べたくなったから……


いえね、ジロウっぽいものなら仕事場近くにもあるはずなんですが、殆ど閉めて無くなっちゃってるんです

「ほらほら、予言当たったでしょ、ね、ね」みたいなこと言うつもりもないので(いってる)フォローアップはしていませんが、まあそういうことです


では、それらの店が無くなっていなければバリ男に来なかったかと言うと、答えはずばりイエス


はっきり言って、ここ最近までの私のバリ男の評価は


「なんちゃって二郎インスパイアの亜流」


というクソミソなものでした

最初の頃はそうでもなかったものの、日本橋にある、という事実に胡座をかいてみると色々な点が鼻について(いずれも味の話です、接客とかでなくて)足が遠のいていたのです



まあ、そんなこんなの経緯がありつつも訪問


なんと注文はオールノーマル!

790円の「ラーメン」を頼み、コールはなし   


2010年代前半に一時期ヤサイチャレンジみたいなのに凝った時期はあったけど、元々中学の時からヤサイはノーマル


ヤサイチャレンジ(笑)
B061BEFE-2715-4C43-8D41-92D3A9B70067.jpeg

ここの麺はそのままでも歯応えはガシガシだから「固め」も必要なし(元々に三田二郎には原則固めはなしとの認識ですが)

「ニンニク」と「カラメ」は卓上にあるから、これも必要なし


「アブラ」もまあ追加までは要らないですからね、今回は



でもって卓上はこちら
E197F9DC-E38D-4131-9CB3-B733EF9558A7.jpeg
カラメ、ニンニクは一通り置いてあります


そして、御託宣はこちら
652206A0-9C39-4DBB-A65D-41E85BC43B79.jpeg


そんな訳でやってまいりました、ラーメン
8390D11A-8ABD-430C-B73A-60AD6CA5E1F9.jpeg
写真映りの関係でモヤシが生っぽく見えますが、それはありません、しっかり茹でられています


これをカスタマイズ
335503BC-3623-4510-8E3A-744F8F1B5C1A.jpeg
胡椒とニンニク、そしてカラメ追加


あのね、バリ男さんに謝らなくてはなりません、さんざんボロクソ言って


今までですね、バリ男さんの煽りを真に受け過ぎて、さっきのスプーン3杯の「バリ男」を遥かに上回るニンニクを投入してたんですわ
D544E248-8B8A-46E2-8332-27DABF8321BB.jpeg


そりゃあ味もぶっ壊れるわなあ〜


あっ先ほどの写真、もしかして人によっては「ニンニク多いなあ〜」って思われる方がいるかもしれませんが、私としてはかなり抑制した二杯(すり切りじゃあないですけどね)


「バリ男じゃなくて超イケメンか、しゃあえねあ〜」などと、最近の(?)自己認識とは真逆な自意識に浸ったりしていたのですが、冷静に見たらこれでもニンニク少なくはない………


要は、私の勝手な行動がバリ男さんの評価を貶めていたのでした


そんなこんなで改めて食べてみると、これはこれで美味しい〜


このコメントが取り繕いでないのは、10月22日に久しぶりに訪問して、その後再訪しているのが証左であります


麺はこちら
2DBF8A7D-6B5C-4395-9B73-D5CA5B3F4DD1.jpeg
歯応えしっかりあります、「固め」は不要


あくまで三田ジローと正面きって勝負させるとか、そんなんじゃなければ充分美味しいわけであります


スープは少し残し完食
E1C92E10-98D2-40FD-8731-C364569144F7.jpeg


なんでもヤリ過ぎは良くないってことですね


バリ男さんはあっちゃこっちゃにありますから、良かったら訪れてみてくださいましm(__)m










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

yukemuri
2020年11月27日 11:08
びーぽんさん、まず、意図的にバリ男をアップしてないって事は十分わかっていますから安心して下さいネ(笑)
いえね、自分もG系の美味しさを少し分かってきました
でもね、どちらかと言うとやっぱり自分は家系の方が好みとご理解いただければと思いますm(__)m
え~と、ガシガシとした麺と表現すれば良いのかな?
たしかにアノ麺は美味しいですよね
下に沈んでいる濃いタレ?と絡めて食べると更に美味しいですよね
それと共にポイントであるニンニクと脂のコラボとでも言いましょうか、病みつきになる人続出ってのも良く分かります
それにしてもヤサイチャレンジの画像は凄いですね
これ以上もやしは乗っからないって感じですね
それに比べると今回のはややおとなし目ですが、ニンニクは強烈ですね
最後に残ったスープですが、若干マイルドに見えますが気のせいでしょうか?
びーぽん
2020年11月29日 08:46
ゆけむりさん
二郎もやはりインスパイアですとやや異なる食べ物と捉えた方がいいのかもしれませんね、バリ男も豚山もしかりです(スープマイルドということもないのですが、もし並べて較べたら明らかに違うんじゃないかと思います)
その上で割り切って食べれば、私は豚山のブタは秀逸だと思いますし(ゆけむりさんにはやや匂いが気になられたようですが)、楽しめればそれで良いと思っています
順番から言うと私の場合は二郎が先でしたので、大学の時初めて家系行った時に、まず「二郎っぽさあるかな?」というアプローチだったくらいですので、思い入れということではそうなんでしょうね
一時期ヤサイチャレンジ(モヤシチャレンジ)みたいのにハマってましたが、最近ではやってませんね、あとデフォルトでチャーシュー麺みたいなものですから、ブタも基本は普通サイズです
東京駅構内にもインスパが出来たので宿題ですが、なかなかシチュエーション的に機会に恵まれずにいます

この記事へのトラックバック