AFURI(らーめん阿夫利)@三軒茶屋

そしてこの日は三軒茶屋で仕事、池尻にはたまに行きますが三茶の仕事は初めてです

そんでまた11時ころ終了、往きに見かけた店に入ってみます

AFURI@三軒茶屋(東京都・世田谷区)
AFE682FC-9B17-43FA-9078-83DB883AFA7B.jpeg
意識したことなかったけど三茶って世田谷区だったんですね、まあ駒沢が世田谷区なんだからそりゃそうか


AFURIは大山(丹沢)阿夫利神社のアフリ

基本恵比寿店のイメージですが、もう、海外含めてそこらじゅうに増殖してんですね(驚)

99年組と呼ばれている「中村屋」、そして七沢温泉の「ZUND-BAR」、みんな行ったけど、中村屋は昔過ぎて記憶も薄らいでいます

「AFURI」としては恵比寿の他にヒルズ、あとどっか行ったかな? 恵比寿は結構行ってます


こちら、いちおう「柚子塩らーめん」が看板なのですがこの日は醤油気分、そちらにしました


柚子醤油らーめん(1030円)
8E6A7349-EBF1-46EF-9F90-9AD298EAE0E3.jpeg

支那そばやが高い高いと言われますが、ここはノートッピングで1000円オーバー、専門店のラーメンはどこも安価な食べ物ではなくなっていると思います

こちら、鶏油の多寡で「淡麗」と「まろ味」を選べますが、こってり好きの私でも個人的には「淡麗」がお勧め

気取っている訳ではありませんよ、「淡麗」でも充分こくは感じられるし、油多めだとバランスが崩れる感想を持ったからです


まずはスープを……


ベースの動物系に加え、魚介系(節とか煮干に留まらない)がかなり複合的に効いています


こんな感じだそうです(店舗サイトより引用)
9830C665-5271-439B-AB17-59485D6CAD5C.jpeg
頷けるかんじです


あとメニューにも書いてある柚子、こちらのインパクトがかなり強いです、この手のラーメンですと柚子の香りは分かりやすく魅力を引き出す有効なツールですね


麺は細麺(平打麺もあるの忘れてましたが、この店でもやってるかは確認しませんでした)
004BCDD9-83A9-4DFE-8FBC-8702DD9BAC44.jpeg
低加水でないのにしっかり歯応え、さすが良く出来ています


具の細切りメンマと水菜も良いアクセント


結局唐辛子も胡椒も入れずに完食完飲しました
0B7C045F-91F6-40EE-A4C8-8153F127D16F.jpeg
食べ手がいじらずとも完成されているラーメンですね


これだけ店舗増やしてクオリティを維持しているのは立派


私的には柚子を活かしてラーメン作ってみたくなりました


AFURIウェブサイトはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yukemuri
2020年03月04日 13:40
こちらAFURIはZUND-BARの流れを汲んだお店でしたっけ?
麺屋維新の長崎氏も確かZUND-BAR出身と記憶しています
海老名の中村屋は自分が行った時はバイトにマニュアル通りに作らせた丸投げラーメンだったので2度と食べに行くつもりはありませんが、ZUND-BARはまた食べたいと常々思っております
AFURIも一度食べてみたいと思っておりましたが、なんと1030円ですか?
まぁそれだけ価値のある一杯なのでしょうが、自分の考えるラーメン価格とは若干差異がありますね
でもビジュアルは凄く美味しそうですね
ちょっと食べてみたいなぁ・・・
びーぽん
2020年03月04日 18:32
ゆけむりさん

どっちが姉さんか忘れましたがAFURIとZUND-BARが姉妹店、ご存知かもしれませんがZUND-BARが中村屋のお兄さんの店、って関係でしたね

そもそも中村屋自体の明確な記憶が薄れつつありますが、ラフに言ってしまえば中村屋もAFURIもZUNDも一緒のラーメン、ZUNDはロケーションが特殊ですので観光(?)がてらにはいいかなという程度で、どこも基本は同じという認識でよろしいのかと思います

でも維新がZUNDの出身とは知りませんでした、なんだかんだで維持とG麺まだ行ってないんですけど(笑)

専門店は量販店と較べてコストの掛け方も掛かり方も違うからそれはそれでいいのかなと思っています、むしろ原価率は幸楽苑とかの方が低いでしょうしね

ここは美味しかったです、ただ今の時代ですと決して未知の味ではありませんから(そもそも中村屋とかと一緒ですし)、わざわざ行かれるとがっかりするかもしれませんね、用件先などにたまたまあれば寄られてみてもいいかもって感じです
yukemuri
2020年03月05日 04:25
びーぽんさん、ZUND-BARが中村屋のお兄さんの店だったって、言われて今たしかそんなような感じだったとおぼろげながら思い出しました
突き詰めたら中村屋やAFURIやZUNDだけでなく、維新や湯河原のアノお店も同じ系統だと思います
少なくとも影響を受けているような気がします
G麺も多少なりとも影響を受けているんでしょうね
と言うか、家系とは違ったこちらのテイストだと、だいたい同じような所に行きつくような気がしますよ
まぁ美味しければ何でも良いと思いますが、中村屋はすでに終わっている気がするんですが如何お考えでしょうか?
びーぽん
2020年03月06日 07:09
ゆけむりさん

横浜ですと流星軒、カミカゼなどは食べましたが、G麺、維新、トリックなどは未訪です
並びが凄い、などの理由もありますが、近い系統なのかなあなどと勝手に想像してしまっている面もあるのでしょうね

そんな中でゆけむりさんも召し上がった「蔦」なんかは違ったテイストでしたし、早稲田の「やまぐち」なんかもイメージから大きく離れた味でサプライズがありました、固定観念を持たない必要はあるのかもしれないと思っています

中村屋に関しては確かに話を聞きませんね、調べてみたら海外展開などで活動されているようです
テレビで見なくなった芸能人=終わった、と見られがちなのと同じかと思いますが、タカ&トシが地方営業で独自の人気で稼いでいるなど、今は「活躍」の概念が変わってきていると思いますので、本人がどう感じ、なにを生き甲斐に活動しているかが大切なんでしょうね

この記事へのトラックバック