ユキノマタユキ@田町

この日は午前中に田町で仕事(11時エンド)、たまにはこの界隈のラーメンを開拓してみましょうかね


リサーチして引っ掛かったのがこちら


ユキノマタユキ@田町(東京都・港区)

6D6E9080-64EB-4567-A81E-DA62B92B4D34.jpeg

JRの田町駅から見た場合、第一京浜を渡ってすぐです


しっかし色々名前思いつきますね、たいしたものです


こちらは塩ラーメン


サイドメニューにも興味あったので、あえて「特(全部入り)」にはせずプレーンなものに味玉追加



雪華・味玉(750円+100円)

9A9895BC-D4BC-4010-9EE4-70A2F6ECD744.jpeg

立派な丼ですねえ〜、ちなみに店名にもあるように白のコンセプトで統一しているようです


ラーメンはですね、食べる前から美味しいのはわかってます、そのうえでまずはスープをひと口………



いやあ、これは美味いっ!


最初にくるのは「鶏」、そして丹念に味わうと鰹の節(カッコつけてないで鰹節と言えっ)がしっかり感じられますね


いやあ〜美味しいですわ〜〜


淡白な塩ラーメンって、結構「油」で食べさせたりするんですが(支那そばやの塩もそのパターン)、こちらはスープの旨味だけで完結させています、たいしたもんです



お次に麺を………

59D76635-C88A-4CF5-85E3-CDF2BB64E896.jpeg

中細ストレートでそれでいて弾力があります


後で見たら北海道産小麦だそうですけど、さすがにそれは食べればわかりました


加水はラフに3540パーセント、もうちょっと絞れば3839パーセント(つけ麺除けば高加水の部類)


シロウトの当てずっぽうですけど大きく外してはいないと思います



しばらく食べ進め、その後添えられている柚子胡椒を追加


良い意味でとてもマッチしていますね!

柚子胡椒はなんにでも合ってしまいますが、スープを壊すことなく相乗効果を生み出していると思います



チャーシューはこちら

D1B0D5F2-681C-45B7-880E-991BEE8AB849.jpeg

低温調理と思しきムネ肉と、豚はロースかモモでしょうか(通常の肩ロースより脂少なめ)、共に脂身少なめでマッチしていると思います



そして味玉


これまたハイクオリティラーメンにふさわしく半熟のトロットロ






2E0712EE-7146-4E1A-BAFA-A84CFC2C251B.jpeg

……………じゃなく、ほぼ固茹ででした(笑)


なんでもかんでも半熟時代にむしろ斬新かも


美味しい味玉で、私固いのも好きなんです



卓上はこちら

2840711F-7855-4E19-A7C2-05D73862AAC2.jpeg

左から柚子唐辛子、柚子胡椒、ラー油、酢、醤油です


ここで必要なのは柚子胡椒くらいかな、追加しました



麺をあたから食べたあとに、先程勿体ぶったサイドメニュー



鮭いくら丼(450円)

DA07937F-C013-4C89-B0AE-401E900C5B8B.jpeg



ふんわり柔らかい鮭のほぐし身にいくらがしっかり乗っています

C50D5CC9-FA51-4F8D-9EF3-315601BD36F6.jpeg

サイドの450円は安くありませんが、ご飯も含めてしっかりあり、大食いでない女性ならこれだけでも一食になるかもしれません



味玉はお好みですが、初回訪問でキャパのある方にはベースの塩ラーメンと鮭いくら丼の組み合わせをお勧め致しますm(__)m



いやあ満足、ご馳走さまでした、美味しかった!

A436BAB3-E9EE-421D-9A1F-1746133F27F2.jpeg


厨房を覗くと、寸胴には玉ねぎやら人参、そしてりんごが浮かんでおりました、色々工夫の秘伝があるのでしょうねえ



シロウトがおいそれと真似できるラーメンではありませんが、ちょっと挑戦意欲を掻き立てられるラーメンでした



ユキノマタユキの食べログサイトはこちら

https://s.tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13232814/



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yukemuri
2019年12月10日 19:32
途中まで読み進め、大食いでない女性ならと言う件で、うちのキャ〇リンだったら無理だなぁと思い、笑ってしまいました
あっ、関係の無い話から入り失礼しましたm(__)m
そうそう雪のまた雪と言う店名ですが、G麺7系の川の上の上?
いや、川の上の向こう?でしたっけ?
変な店名を連想してしまいました(いつか食べに行こうと思っています)
びーぽんさんにしては塩は珍しいのではありませんか?
たしかに塩は難しいですよね
油とのバランスも大切ですし、出汁の風味も重要ですもんね
後日アップ予定ですが、純鶏を使ったラーメンを食べた時にバランスの難しさを感じました
こちらはサイドの鮭とイクラの親子丼?とのバランスも良いとの事ですから、油控えめな和的要素も入ったラーメンなのかなと想像しました
全然話はそれますが、花月嵐のアノラーメンが無性に食べたいです(笑)
びーぽん
2019年12月11日 22:27
ゆけむりさん

いえね、ゆけむりさんね、わざわざコメントいただきましたが、まさに自分で書いててもキャサリンさんなら足りないんだろうなあ、大食いでない女性じゃないからなあ、なんて筆が鈍っていたのでした(爆)
 
神奈川のお店をいくつか出して頂き半分驚いて、改めて調べてみてましたが、修行先は神奈川数店のようですがむしろ味噌の店のようでした

今回塩にしたのは、最近アップしました激ニボトンコツの他にも、今後アップ予定の+×∞*&ラーメンなど、濃厚系で一定の達成感を得てしまったのと、むしろデリケートなラーメンを勉強してみたいって動機です

ゆけむりさんの感想記事楽しみにしています

花月のアレも良く出来ていましたよね

ちょっとラーメン味わう視点が異なってしまっている可能性があるので、もしかしたら参考にならないかもしれませんm(__)m

この記事へのトラックバック