パパパパパイン@町田の冷やし!

この日は午前中に町田で仕事

例によってリサーチしたら、なんと「パパパパパイン」がヒット


「町田に二号店出したんかいな?」と思ったら、移転していたんですね、知らなかった……


元々の西荻窪は3回くらい行ったかな、当時のものはこちら

西荻の時のパパパパパイン
https://s.webry.info/sp/03990216.at.webry.info/201507/article_9.html

コンセプトで引いてしまいそうですが、ラーメンとして高クオリティ

王道の高評価店であります


パパパパパイン@町田(神奈川県・町田市)
画像

JR町田駅直結、ターミナルプラザの2階

他に「ど・みそ」なんかも出店しています



さて、何を食べようかな?

ど真ん中の「パイナップル塩」が有力でしたが、この日は梅雨の谷間の晴れ空、汗だくになるのは目に見えています

メニューはこちら
画像

そうだっ、冷やしにしよう!


冷やしラーメン いっぱいん・大盛り(1050円+100円)
画像


冷やしアップ!
画像


心が踊りますねえ~♪


まずはスープをひと口………


こちらのラーメンは一見前衛的ながら魚介の効かせ方が王道で高クオリティに繋がっているのです


………が、冷やしですと魚介は奥に潜んでいて、なにやら不思議な酸味がします

パイナップルの酸味だけではとても生み出せない、強くて、それでいてレモンでもない酸味


そして麺
画像

むしろ高加水なのに歯応えがすごいしっかりあって冷麺みたいな食感も(少しオーバー)



低温調理の鶏チャーシューは自分でも作るけど、ここのは塩の効かせ方が秀逸

海苔と麺もマッチしています


そして味玉
画像

黄色(笑)

ちなみに西荻の時はパイナップル汁に漬けてはあったけど白

そして中は思いっきりパイナップル味

不思議と言えばふしぎな味だけど、違和感、嫌悪感はありません


麺とスープと具材のハーモニーを愉しみつつも、最後はスープを


この段階で気づきました、あのナゾの酸味の正体がっ


これ梅干しだわ、たぶん間違いない

そっかあ、やけに柑橘系とも違う頬をすぼめる酸味の正体はこれだったかあ~


食べ終わる頃には店内に響くハワイアンのメロディー、冷たいスープ、そしてクーラーの効いた環境


まさにここはハワイっ! パラダイスっ!!
画像


冷やしにして正解だったわあ、しかし相変わらずの発想力


毎回だけどゲテモのなんかじゃないことは保証致します

町田にお寄りの際はぜひっm(__)m


パパパパパインの食べログサイトはこちら
https://s.tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13216798/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2019年07月07日 16:56
冷やしラーメンにパインのトッピングと考えてよろしいのでしょうか???
高加水なのに冷麺に近い食感ってのは凄いですね
まさに冷やしにピッタリの麺のようですね
玉子の中身はパイン味なんですか?
更にスープの隠し味的に梅干しの酸味ですか?
ちょっと想像がつかないです・・・
びーぽん
2019年07月08日 18:43
ゆけむりさん
前回はかなりキョーレツに拒絶反応を示されていましたね、美味しいかわからないけど保守的だから絶対ムリっ! みたいな(笑)

冷やしラーメンにパイナップルトッピングでなく、スープ自体がパイナップルです
ただパイナップルだけでなく魚介だったり、ラーメンのベースがしっかり出来たユニークかつハイクオリティなものだと思います

今後も永久にゆけむりさんがこれを召し上がることはないと思いますし、そこまで無理に食べて頂く必要も当然ないとは思いますが、万が一「食べないと殺すぞっ!」と言われて渋々食べたら、「なにこれ? 変わってるけど凄い旨いっ」っておっしゃるんじゃないかなあ、とは思っていますよ(笑)

この記事へのトラックバック