京なすの収穫が始まっています@自宅

前半戦で食卓を賑わした野菜(きたあかり、レタス、人参など)もほぼ終わり、かわりにナスが収穫を迎えるようになりました、あとトウガラシとか


こんな感じ
画像


京なすは丸っこく、デカくなるはずの野菜です


まあ、プラモデルじゃないんだから(プラモデルも難しいですけど)、そんな設計図どおりにはいかないんですけどね………


で、さっそく収穫したもの
画像


いやビックリ


ソフトボールも真っ青な巨大ななすが収穫出来ました!♪
画像


いやあ~、土でほんとに違うものですね、驚きました


ちなみに緑の細長いのは韓国唐辛子、唐辛子はこれが先行して豊作です(他にタバスコ、ハバネロ、ベトナム唐辛子)


早速夕餉の食材にしてみます


最初はなんだかわからない味噌炒め
画像

いわゆる「なすの味噌炒め」ですが、甜麺醤(甘味噌)が切れていたので、コチュジャンにラカントS(砂糖の代替、糖質抑制期ですので)、鶏ガラスープ(顆粒)を混ぜたアドリブです

買ってきたピーマンと豚挽肉を合わせてさっと炒めます(なすはあらかじめ油通ししておきます、最後に片栗粉で和えます)


アドリブだったけど好評、なすはシャッキリ感が残っており、クド過ぎない味付けに仕上がりました



他のものはこちら
画像

最近はまっているカレー鶏と、良質な脂質補給のアボカドです(炒めもん食っとるやんけっ)


鶏はムネ肉、カレーパウダーとヨーグルトに漬けて、フライパンで焼いたものです

ネットのトレーニング師匠、Yoshiさんの筋肉メニュー



後日また収穫しました


前回は「京野菜」の特性を思いっきり無視したメニューだったので、今回は一応和風で
画像

網焼きしたなすを胡麻油を垂らした蕎麦つゆに浸したもの、いわゆる焼き浸しですね

生姜おろしと、庭の荏胡麻(紫蘇ではない)で


蕎麦つゆと胡麻油が良い塩梅、なすの皮も硬くなく、ほぼ純和風で愉しめました


付け合せは栃木で買ってきた野菜
画像

画像

画像

オクラ、モロヘイヤ、納豆のトリオに加え、鰹のたたきにバーナーで炙ったトウモロコシは、これまたアドリブ(思いつき)でしたがマッチしました


この日のシメは珍しくカレーライス
画像


先程のカレー鶏、ムネ肉タンドリーチキン風を調子こいて作り過ぎ、カレーにしたものです

ここにさっきの韓国唐辛子を薄切りで投入


爽やかな辛さが演出されましたが、家族からは辛過ぎとブーイングでした



自己顕示欲以外の何物でもないのですが、この京なす、苗でなく種で購入し、ポットで発芽から育てたのが自慢ではあります、追肥も丹念にやりました(なすは肥料大食いなんです)


でも、繰り返しになりますが改めて土の重要性を再認識しましたね、7割は土で決まると思います

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年07月19日 21:24
おっ、そろそろ夏野菜の収穫ですね
これはある意味かなり貴重ですよね
そう簡単に楽しめるものではありませんよ

ナスは汎用性が高いですからね
しかも違ったテイストながら美味しいのが特徴ですよね
びーぽんさんの腕の見せ所ですね

和風ナスの焼き浸しが特に美味しそうですね
やや薄味にしてそうめんと合わせても面白そうですね!

韓国唐辛子の輪切りを投入したカレーは辛すぎましたか?
ご家族には不評との事ですが、入れ過ぎたのでしょうかね???
2018年07月20日 17:32
ゆけむりさん
想定以上の出来で驚きました

揚げ浸しではないのですが胡麻油がアクセントになりました
素麺もいいですね、試してみます

カレーは我々には言うほどのものでもないです、たまたまオンナコドモには刺激が強かったようです(笑)

この記事へのトラックバック