両面焼きそば あぺたいと 横浜戸塚店@舞岡

ゆけむりさんが紹介されていた両面焼きそばに行ってみました

ゆけむりさんの記事はこちら
http://s.webry.info/sp/yukemuri-manpuku.at.webry.info/201804/article_20.html

もとは大分県でスタートしたものを、高島平を本店として「あぺたいと」の店名で首都圏にも拡がっています

現在の店舗は高島平本店に加え、練馬、板橋、戸田、馬喰町、そしてここ戸塚のようです

お店サイトはこちら
http://www.apetaito.com

ここ横浜戸塚店の所在地は舞岡

戸塚駅東口から坂を登ったところにあります(ちゃりだとね、ビミョウに面倒な坂なんですよ……)


店舗はほぼ通り沿いですし、看板目立つから、そんな苦労なく行けると思いますよ


あぺたいと 横浜戸塚店@舞岡(横浜市・戸塚区)
画像


ちなみに「アペタイトってなんだっけな?」と思ったら「食欲」でしたね、そのまんまなんですね、てっきりシップかなんかかと思ってました(それパテックスね)


ゆけむりさんの記事を参考に焼きそばの中を注文、餃子はなくて良さそうだし、ライスもいいや

卵も不要との意見も散見されましたが、これは頼んでみましょう~


両面焼きそば(中)・生たまご(880円+50円)
画像


卓上はこのような感じ
画像

青海苔、紅生姜がなんか惹かれますね♪
酢、ラー油などは餃子用でしょう


青海苔と紅生姜は最初からかけてみました
画像

ここの焼きそば、紅生姜がなんか進むんですよ~


麺はこちら
画像

麺を茹でたのち焼き込むタイプで、低加水で程よく歯応えのある麺がパリっとした食感です(硬ヤキソバとは異なる)


ちなみに生たまごはいったん端の方に寄せときます


これは美味しいっ!!


美味しさを順序付けると

1位→麺
2位→ソース

となります

この麺はいいですわあ、麺そのものと焼き方がベストマッチ!


そしてソースもいい

軽すぎず、くど過ぎず、そして程よくスパイシー(辛いのとは異なります)


具材はもやしと豚肉を軸に、長葱などもハーモニー


そして………、三分の二を食べたところで卵と絡めます
画像


親のカタキみたいに混ぜる必要はないけど、白身は極力切るようにします


たぶん皆さまのご想像とおり、まろやかさの増した味わいになります、私は好きですね


生たまごは確かに必須のものではありませんが、「中」以上を頼まれる方でしたらアクセントをつけるためにアリ、最初から混ぜないことにより、パリっとした食感と味変の両方が担保されます



あ~~美味しかった、笑顔になるようなおいしさでした
画像



焼きそば単品で食べるのであれば、一般成人(男)で中くらいが食事として適量
おやつとしてなら小ですかね、女性も小が良いかもしれませんね



あと、なによりも感じたのはご主人の接客と気配り!

食べログに点数つけたことないけど、おそらくこれだけで0.5ポイントくらい上がる要素ではないでしょうか


実際に美味しかったし、お店出る時「美味しかったです、今度家族連れてまた来ます」と自然に言葉が出ていました


で、じっさい翌日三人で訪れました

二回め訪問で頼んだ「小」
画像

この日は以降に食べる可能性があったので小、イメージに近くおやつとして程よい分量

家人も美味しいっ! って目を輝かせていました



焼きそばという食べ物、場所柄を考えると価格設定はやや高めかな?

でも、毎日食べる訳でもありませんし、味、人柄など総合したら私はありかな?

ゆけむりさんとこで価格設定の要因をあれこれ書いてしまったのですが、要は店舗毎に一律価格ってことなんですね



いいお店を見つけることができました、ゆけむりさま有難うございましたm(__)m



このあと舞岡から日限山(カルくめんどい)を越え、弘明寺、上大岡、吉野町とブルーラインと同じ経路で中華街へ
計40kmの軽めの運動でした

ちなみにこの日がGW前半の初日

二日めは午後から用があったので午前中に青葉台(都筑の方)の手前の十日市場まで往復38km
画像


三日めは前々号で書いた湘南平の下見の本チャンでコドモと出掛け60km
画像


まずまず地味に運動していたのでした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年05月02日 21:10
お~、びーぽんさんも食べに行かれたんですね
カツマティさんも昨日だったかな?記事にアップされていました
いや~良かったです
お口に合わなかったらどうしようって内心ハラハラしていました
なんだ、あいつも口ほどでは無いな、なんて思われたらどうしようってね・・・

ご家族も美味しいとの事、本当に良かったです
ただ、もうちょっとお得なランチ設定があれば食べに行く頻度が上がるんですけどね
でもこちらの独特な焼き方は気に入っちゃったので、たまには食べに行きたいと思います!

お子さんと自転車で湘南平にも行かれたんですね
あの上りに耐えるとは、ご子息もかなり肉体的にも成長されましたね!
2018年05月03日 13:31
ゆけむりさん
カツマティさんもアップしていたのですね、ご指摘で気がつきました、それぞれの観点から捉えていますね

素晴らしいお店だと感じました、値段は個人的にはありかと思いました、つけ麺が高いことわ考えれば、手間は結構掛かっていると思いました

休み絡みの日は結構繁盛しているようですね、平日はそこまで混んでいないようです

コドモに湘南平は流石に傾斜がきつかったようで、20回くらい降りていたので、おかげでこちらは休みやすみ行けて前回と異なりまったく疲れることなく登ることが出来ました
2018年05月03日 15:29
大分県日田市にルーツを持つ焼きそばなので、普段食べている焼きそばとは味も食感も違いますね。紅ショウガが進む味という意見、納得です。私も初めて大分県日田市で日田焼きそばを食べたとき、紅ショウガを少し添えて食べると、一層おいしいと思いました。
びーぽんさんもゆけむりさんも生卵添えですが、私は生卵なしで頂きました。メニューにはありませんが、横手やきそばのように目玉焼きだったら上に乗せてもいいかなという印象です。
2018年05月03日 15:46
カツマティさん
どうも偶然でしたね、大分の味を知っているうえでの訪問ですとまた違いますね
ご経験者のカツマティさんがおっしゃっているので、現地もこのような感じなのでしょう

カツマティさんは大を召し上がられたんですよね
美味しいのは美味しいとして、さすがにちょっと飽きはありませんでしたか?
私は中でしたが、それでも個人的には途中から変化があって良かったです

目玉焼は良く見かけますよね、私も大好きでたまにやります
それに対して生卵は珍しかったので試してみました

この記事へのトラックバック