もも肉でロッシーニ風とモンテスの貴腐ワイン@自宅

仕事で名古屋に行った帰り(ヨコイのあんかけスパをアップした時です)、久しぶりに新横浜のエノテカに顔を出してみました


そしたら、お馴染みモンテス(チリ)の貴腐ワインを売っているではありませんか


珍しいので購入


モンテス・レイト・ハーヴェスト ハーフボトル(2200円)
画像

なしてジャイアン? 甘口はハーフが適量ですね



で、購入したはいいのですが、貴腐ワインに合う料理はけっこう限られており、デザートやチーズ以外のメインとなるとフォアグラくらい


そんなんでフォアグラ、やってみました


フォアグラは平塚市は真土(けっこう内陸の方、銀河大橋から比較的近く)にある「肉の石川」で購入(最近ここ気に入っています)、150gで700円くらいです


フォアグラを使った料理調べたところ、ポピュラーなのがタイトルにもあります「ロッシーニ風」

さっそく作ってみました



使う肉は脂身の少ない肉、本来はフィレ肉なのですが、予算の都合で国産牛のモモ肉を採用~



ごく軽めの塩と、胡椒で焼きます
画像


ソースの材料はこちら、あと砂糖も加えます
画像

ほんとはブルーベリーなんかがいいのですが、買うの忘れちゃった(><)


肉が焼け終わる手前でフォアグラを焼きます

フォアグラは中火で火を通し、最後に中強火で表面をカラッとさせるのがコツ


ステーキの肉汁とフォアグラの脂が染み出したフライパンに赤ワインとバルサミコソースを加え煮立たせます

そこに醤油、バター、砂糖を加えたらソース完成っ!



あとは盛り付ければ完成ですっ


牛モモ肉のロッシーニ風
画像


付け合せはクレソンとズッキーニ、ちょっとそれっぽくなりましたね



モモ肉とフォアグラを同時に口にすると、フォアグラが肉を引き立てます
画像


きゅうりとトマトとオニオン、豆のサラダ
画像



パンは買ってきたスーパーのフツーのロールパン
画像

ありがちにソースを拭いて食べるとなかなかマッチ!


さてさてワインです
画像


貴腐ワイン特有の濃い黄金色


テイストはオーソドックスにハチミツ、ソーテルヌなどに較べるとアプリコットは奥の方にあります

そして僅かながらも酸味もあり、甘めのみかんの缶詰といった感じでしょうか


おかげさまでソースがかなりそれっぽく出来たので、甘濃いソースと濃厚なフォアグラ&肉が、これまたワインと共鳴しあい、これぞマリアージュ!(笑笑)


いやあ~結構良かったです


ロッシーニとは、あの音楽家のロッシーニ

かなりの料理好きだったのがこの食べ物の由来のようです



意外と安くできるし、これならもう家でやった方が圧倒的にお得かな?




でも…………、弱い胃腸に加齢もあって、夜中の1時にもたれて目が醒めたのでした…………

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年04月17日 10:17
ずいぶんオシャレな食卓ですねロッシーひ風てますか?
ステーキにフォアグラなんて、贅沢の極みですね
しかもソースがかなりこだわって材料で、まさに本格的じゃないてすかそれに合わせるのがチリの貴腐ワイン
やはり甘さがフォアグラと合うのでしょうかね?

おやっ?最後の方に胃がもたれてとありますが、それは飲み過ぎのせいではないのでしょうか?
2018年04月24日 06:40
ゆけむりさん
見た感じ贅沢ですが、家で作ると思いの外安価に出来るところがメリットですね
ソースも材料と分量間違えなければフライパンで合わせるだけですし

和食と違い、ワインは重いものには重いワイン、赤い食べ物には赤いワイン、甘いものには甘いワイン、と言うのがいつも不思議に感じています

もともと肉の脂がにはやられ易い体質ですが、今回はフォアグラの脂とバターにやられたのかもしれません

この記事へのトラックバック