トンキーメン@築地

懲りずにラーメンネタです、たぶん今回でひと段落になりますから我慢くださいませm(__)m


このまえ築地警察署に用があった時にたまたま発見しました、行ったのは後日だけど

ちなみに交通違反とかじゃないですよ、落としたキャッシュカードを取りにいったのです


ちなみにしつこいけど、酔っ払ってサイフ落としたりスられたりしたんじゃありません、新富町のATMで一枚だけサイフからすり落ちたのを、親切な方が届けてくだすったのです


悲しいかな口座には3000円しか入ってないし、そもそも連絡あって初めて落としたことに気づいたくらいなんですが、なにはともあれ有り難いこってすm(__)m



ま、どうでもいいです

その帰りに見つけたんです、日比谷線築地駅からも3分くらい、中央区役所の近くになります


トンキーメン@築地(東京都・中央区)
画像



…………………………そのまんまですね(笑)



さらにそのまんまの写真も
画像



お店を発見したとき、築地とジロウ(インスパ)のイメージが結びつかなくて、得した気分で妙に嬉しくなっちゃったんです


新宿や池袋で見掛けても嬉しくはならないでしょう…………


さてさて、ジロウ(系)と言えばお手の物のはずなんですが、最近はにんにくや「カラメ」(カエシ)が卓上にあったり、「ヤサイ」も頼んた方が良いケースと、頼むとバカみたいに乗っかってくるケースがあるから、それなりの事前リサーチは欠かせません


で、このお店

事前にネットとか見ると、ニンニクカラメヤサイ頼んだ人がいるかと思えば、にんにくは卓上にあるというコメントもあり、項目の順番(にんにく・からめ・野菜とか)決まってて、外すと怒られるとか、結構色んな情報が錯綜していて、あろうことかこの私が入店前にオーダーの件でカルい緊張感を持っていたのでした

でもって前回の通り掛かりから再訪してみると、店先にいろいろトッピングがわざわざ書いてあるじゃありませんか

じゃあ普通に頼んでいいんだ、頼まないで載ってないよりは、大は小を兼ねるだしね




って、そんなこんなで入店したら「ヤサイどうしますか?」だか「ニンニクどうしますか?」だか聞かれたから(そこ重要だろっ!)、通常ベースで「ニンニクダブルヤサイ」で、と頼みました


ちなみに今時の「ジロリアン」(あんま好きな表現じゃない)はダブルなんて言わないで「マシマシ」とか言うのがツウと思ってるかもしれないけど、それは違います


「マシ」という表現を使うのは「メンマシ」、そう、三田の伝説のメニューにこそ使われるべきなのです

メンマシとは、当時(昭和60年台前半)の二郎(もちろん三田)にあって、「大」に飽き足らないチャレンジャーこそが頼むメニュー


「小」(頼んだことありませんでしたけど)が少なくとも300g、「大」がおそらくは400gオーバーの中、「大」に「小」を載せたくらいのものが「メンマシ」なのです


ちなみにメンマシ、麺の量が多すぎて丼に注ぐスープは4分の1程度、チャレンジャー(?)はあらかじめ自分のスペースに台拭きを敷いて待ち、4分の1のスープでさえボタボタ滝のようにこぼれる中、文字通り「てんこ盛り」になった麺、ダブルのブタ(8枚)に取り掛かりのです(もちろんヤサイもね)


「メンマシ」と頼んだ瞬間、店内着席者のみならず後ろに立って控えている人間を含めた全員からの視線が一斉に集まります


そしてモノが出されるや、好奇と驚きに満ちた視線はますます強くなり、ヒソヒソ声やら溜息が聞こえてきます


そんな中でのメンマシトライ、まさに「選ばれし者の恍惚と不安、二つ我にあり」の心境です(どんだけナルシストなんだよっ)


そんなメンマシ、高校を卒業するまでに8回トライし、全回完全制覇!!


すべてにおいて劣っているワタシの、未だに2.0の視力と、メンマシ8回完全制覇のふたつのみが人生において誇れることなのであります



ここまで話してもイメージ湧きませんでしょ?


ちょっと画像見つけてきたのでパクって貼らせて頂いてみました


二郎三田本店の「メンマシ」
画像


ワタシの頃もほぼ同様でした、ブタは8枚、ヤサイはもっと多かったかな


興味ある方は試してみてください(笑)




相当寄り道しました、本題のトンキーメンへ



今回はこちら

ラーメン豚入り・ニンニクダブルヤサイカラメ(850円)
画像

ブタ、と言うよりは普通にバラチャーシューですね、これが3枚


ニンニクサイドはこちら
画像

ま、これくらいあればとりあえずいっか



オーダーなんですが、ヤサイは必然的に聞かれます

ニンニクは時間帯によって聞かれて店側で入れるのと、卓上にあるのが分かれるんですって

カラメ(カエシ)は卓上



とりあえずスープをひと口だけ


ライトだ、物足りない、などの記載が見受けられ、正直期待値はさほど高くなかったものの、予想に反して結構いいっ!

いわゆるあまり乳化してないタイプってやつですが、ジロウ特有の毒々しい後を引くスープの雰囲気は出ています


もやしはクタっとしておらず、シャッキリしたタイプ

ジロウの再現ということに拘泥らなければ秀逸だと思います


そして麺はこちら
画像

見ての通りですが、いいんじゃないでしょうか

けっこうモコモコ、ガシガシしていていいと思いますよ



ある意味場所柄の有り難みのみで期待してなかったせいかもしれませんが、これなら可能な範囲でちょこちょこ来たいな


満足しほぼ完食完飲
画像

少し残したのは健康のマジナイみたいなもんですm(__)m


そうそう肝心の量ですが、強がってハラ7分、と言いたいところですが実際は8.5分くらい

もっと食べたきゃ大頼めばいいんだし、最近はジロウと言えどこんくらいが丁度よいです


ここら辺にご縁があって、ジロウがお好きな方は行ってみてください

不満はあまり出ないと思いますよ

この記事へのコメント

2018年02月22日 00:33
トンキーメン、初めて聞いた店名です
二郎インスパイア系とのことですが、ラーメン豚入り・ニンニクダブルヤサイカラメはなかなか美味しそうですね
量も良い感じだし、これで850円は嬉しいですね

それにしても二郎三田本店の「メンマシ」はメチャクチャインパクトがあって、超強烈ですね

余談ですが、本日イオンの大唐に行き2種のランチを注文しましたが、調理人が変わっていたようで並みの中華食堂になってしまっていました
でも値段はやや高めでした
昼時なのに客は我々以外に初老の女性一人だけってのが、この店の行く末を提示しているようでしたよ・・・
2018年02月22日 07:06
ゆけむりさん
おはようございます、その後いかがでしょうか? なかなかアップの余裕もないようなので二日に一回くらい覗かせて頂いています

トンキーメンは思ってたより良かったです
二郎は各自思い入れが強いので感想はさまざまでしょうが、比較的近くと言うことも併せて、わたしは満足出来ました

メンマシは狂ってますでしょ?(笑)
おっちゃんが上からカエシかけてくれるんですけど、それでも密度が高すぎて麺まで味が浸みず、釜揚げうどんを何もつけないで食べているような状態が続くんですよ(笑)

例の江南屋台はまた変化があったのですね
ゆけむりさんにとっては大切な店なので月並みになってしまうと残念ですね
復活の芽があるといいですね

この記事へのトラックバック