廃物利用(?)で佃煮@自宅

前項で味噌ちゃんこを掲載させていただきましたが、本来セットと言うか、続きみたいなものです

前回の味噌ちゃんこ
画像


この時出汁を取ったのをご記憶でしょうか
その残りがこちら、昆布と鰹節です
画像

文字通り「だしがら」なので捨てるものですが、こちらは少し手間をかけると(少しでもなくて、結構面倒なのだけど)ちゃんと食べ物に生まれ変わります

写真は昆布を細切りにした後のものです

この昆布を醤油、味醂、酒、砂糖で煮詰めます

ある程度煮詰まってきたら、だしがら鰹節を投入、箸で混ぜて和えます

こつはとことん煮詰め過ぎないこと、出来上がって時間が経つとカピカピになってしまいます
液体は飛ばしますが、湿感(?)は残しておきます

煮詰まった段階で胡麻油を大匙1杯

煮詰まるまでは中弱火、煮詰まったら弱火です、落し蓋は必要ありません

最後に白胡麻を多めに投入、この時に松の実も入れるとちょっとだけ錦松梅っぽくなりますよ♪

文字だけできちゃいましたが、完成版がこちら
画像


ご飯に乗せるのがオーソドックス
画像


お握りもいいですよ♪
画像


少し多めにご飯に載せ、醤油を少し足すとお茶漬けにもなりますよ
画像

今回はえらい地味な内容になりましたね(笑)
廃物利用と言うには手間&コストが掛かってしまっていますが、美味しく出来るものですよ
ご興味ありましたらお試し下さいませm(._.)m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年11月08日 23:18
なるほど、これは再利用と言うよりもナイスアイディアですね!
自家製ふりかけ的なご飯の友で、「液体は飛ばしますが、湿感(?)は残しておきます」ってところが梅の実ひじきの質感にそっくりです(笑)
あっ、芋焼酎のつまみにも良さそうですね!
2014年11月09日 08:14
ゆけむりさん
地味なテーマにお付き合い頂きありがとうございます(笑)
まあ、いわゆる「佃煮」ですからなんのことはないのですがね
でも、こんなものでも試行錯誤を経ていて(逆に言うとかぴかぴにしたこともあります)、食べ物を作るっていうのは案外難しいのかも知れませんね
むしろここに梅を入れてみるのも悪くないかもしれませんね!

この記事へのトラックバック