げんまん ど・みそ×はんつ遠藤@人形町

東日本橋の方に用があり、ずばり好タイミングで行ってきました

店名はタイトルの通りですが、元々「ど・みそ」と同じものを名前だけ変えて出してたお店に、はんつ遠藤氏とのコラボとは?

完全に「コラボ」狙いでの訪問です

着いたのは既に11時半をまわっていましたが、店内は先客2名くらいで余裕の状態

メニューを見ると、いつもの味噌系に醤油ラーメンが存在します

で、お店の人に「いわゆるど・みそじゃないメニューだとどれを食べればいいんですか?」って聞いたら「醤油ですかね……」、そのまんまやんけっ!

で、醤油にしました

げんまん ど・みそ×はんつ遠藤@人形町(東京都・中央区)
特醤油こってりらーめん(930円)
画像

画像


メニューはこちら
画像

冷やし豆乳みそ担々麺(880円)なんて変わりメニューもありましたが、そちらは遠慮して醤油です

で、結論

「見えないっ、見えないっ!! なにがやりたいのかがまったくわからないっ!

濃厚と謳っており、背脂が浮いています
この手のラーメンですと二郎か家系をお店なりにアレンジしたケースが多いのですが、ここのスープは驚くほどギトギトしていません、そして魚介っていうかずばり魚粉が前面に出たラーメンです

麺は開化楼、通常の太麺よりはやや細めです
画像


当然魚粉以外に色々入っているのでしょうが、魚粉インパクトで他のスープのベースが見えずっ!
まあ、それなりに美味しいのですが、コンセプトというか、主張がまったくわかりませんでした
画像


あとわからなかったのがコラボの意味
何かに拠れば、ここのラーメンは味噌をど・みそが担当、醤油をはんつ氏が担当とのこと

はんつ氏は名前こそ聞いたことあるものの、傾向やキャリアなどまったく知りませんので、そもそも特色がわかりません
それにスープの一部や麺(開化楼)に共通項があるかわかりませんが、別々に作ったら、それコラボって言うのかしらん?

そんなこんなで理解不能なままお店を後にしました

げんまん ど・みそ×はんつ遠藤@人形町

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2014年05月24日 10:02
分かる!
びーぽんさんが言いたい事がようく分かりますよ!
何を目指したんだか分からないラーメンって、時々ありますよね(笑)
最初の画像では二郎っぽいのかと思ったんですが、ギトギトしていなく魚粉とはビックリですね

あまりネガティブな記事はアップしたくないので記事にはしていませんが、どんな一杯にしたいの?
何を目指したの?
結局色んなお店の良いとこどりのつもりなんでしょうが、結果的に方向性の無いまとまりの全くない不味いラーメンでしたよ
2014年05月25日 05:45
ゆけむりさん
ど・みそは今更感もありますし、オロチョンラーメンやタンタンメンなどは個人的に好きではあるのですが、そんなにわざわざ行きたいとは思わないんですよね
なので今回は完全にコラボ目当てでした
コラボ先さんは業界では名の通った人ですし、どんなアイデアがあるのかなあって思っていましたが、いまいちわかりませんでした……
まずくはない、って言うか、普通に美味しくはあるんですが期待値が高かったんですかね?
背脂も魚粉も一世を風靡しましたが、後から足せるものでインパクト持たせると、それが結局衰退に向かうきっかけになってしまうんですよね
そう言えば、今回はその両方でしたね……
さる
2014年06月20日 19:57
ここのラーメン食ってうまいと思えたことが一度たりともない。会社が近いから腹減ったらなんでもいい感覚でよくいくんだけど、まさに今、食ってきた冷やしラーメン。激マズい。冷やしに熱々ラーメン用のチャーシューは無いだろう。気持ちわりいのなんのって。サイドメニューの肉みそ丼?味濃すぎ。
ここのメニューは味の濃淡、温度のアツ冷やが全く理解できていない。そのやばさを知るために一度行ってみるといい。嘘じゃないことがわかるから。

この記事へのトラックバック