手打そば 多鶴の十割そば@伊勢原とインチキ大山紀行

洪水に竜巻、地震と天変地異が続き、しかも矢板とか名古屋とか比較的身近なところなので他人事ではない感じがします、かといって我が事のようなリアリティもなかなか実感するに至らず不思議な感じです・・・・・・

そんなこんなの前の週末、伊勢原に蕎麦を食べに行ってみました

尤も、蕎麦ありきではなく、「山に行ってアンモナイトの化石を拾いたい!」というリクエストに応えた1.5人での旅だったのです

ちなみにお蕎麦はこちら
画像


この日はいつもの(私の)自転車でなく、家にある別の電動自転車で出掛けます
基本は電動アシストなし、でも上り坂は使わしてもらいます

普段のママチャリ以上に車重も重く、小径なのでスピードは意識しないでののんびり旅です

10時過ぎに自宅を出て、山コースの定番湘南台方面に向かいます

このままいつもは長後手前の22号まで行くのですが、今回は電動のヘッジがあるので六会で用田方面に向かう慣れない道にチャレンジ
画像

いすゞの工場の前などを通りうねうね行きますが、下り坂が多く、帰りにここ通ったら結構きつそう、やっぱ来るもんじゃありませんね

そして22号に合流、定番の厚木と伊勢原の分岐の用田先の交差点に差し掛かります
画像

厚木方面が比較的多いものの、この日は伊勢原方面、22号を進みます

その前にちょっとヘルシオウォーター休憩
画像

川を見ながらしばし休憩(暑いから・・・)

相模川に掛かる門沢橋を渡るといったん厚木市へ
画像
画像

この界隈は非常に興味深いラーメン店が多いですね、次回ラーメンを食べにやってくる予定です

で、ふと見ると果物店舗が・・・・・・、もうこんな季節なのですね
画像


画像

豊水が3つで500円、これを購入したら一個オマケ、「砂の器」か「子連れ狼」みたいなヨレヨレの一行に憐れみを催したのでしょうか?(後日談:冷やして食べたら甘くて美味しかったです、渋みはありません)

そんなこんなで246号に出ると、目指す山も近づいてきます
画像


大山入口を右に曲がってどっかで蕎麦でも食べようと思っていましたが、246号沿いにこんな看板を発見
画像

「自家栽培・製粉手打ちそば」  おっ、なかなか魅力的じゃあないですか、渡りに舟ですな

お店は伊勢原駅に向かう交差点を左折してすぐ
画像


さて、なにがあるのかなあっと(クリックでメニュー拡大)
画像

純粋な「食事」メニューが軸なんですね、「天せいろ定食」を注文

手打ちそば 多鶴@伊勢原(神奈川県・伊勢原市)
天せいろ定食(1,550円)
画像

もり蕎麦、天婦羅、とろろご飯のセットです、これを1.5人で食べます

蕎麦はそば粉十割とのこと
画像

さすがに短めですが、そんなぼそぼそ感はなし、いかにも「十割!」って感じではありませんでしたね(ふうん)

天婦羅はこちらが3分の2をかじって、残りを分け与えます
画像


あと、とろろ飯はダシでなく味噌味、上田の「胡桃蕎麦」をちょっと思い出してしまいます
余ったそばつゆも足して食べました、素朴な麦飯ですね♪

冷たい蕎麦茶が美味しかった!

そしてこんなオマケも、蕎麦菓子です
画像

0.5人抱えてくると色んなオマケが付くものなのですね

さて、時間も時間だし、そんなのんびりもせず再び出発、246号を曲がると緩やかな登り坂になります

大山のふもと、バスの終着点のケーブルカー口までは前回も一人で行っているので、様子はだいたいわかっています

今回は手抜きで、かなり手前の市光工業辺りから電動アシストをonに、ここら辺はすいすい登っていきます

秦野CCを過ぎる頃から前回は本格的にきつくなってきたのですが、今回はまだ大丈夫(インチキだから)
画像


そして、いよいよ大山の入口に到着、坂も本式に厳しくなってきます
画像

普通のママチャリレベルだとこの辺が限界、でも電動アシストのお陰で何とか漕いでいますが、0.5人やら梨やら水筒やらの大荷物でこっちはひいひい状態になってきました

バス停であと3つを残す辺り、滝の辺でしょうか、いい加減に限界となり降りて押すことに
それ以前に小さなのを乗せて二人乗りでぜいぜい言いながら走っている姿は、車窓の観光客からさぞ奇異に映っていたことと思います(笑)、電動に気付かなければ化け物に見えたかも(笑笑)
画像

おみゃあ~、こっちがひいひい漕いでる時に寝てたやろっ!!

突然自転車を降ろされて坂道を歩かされている小さいのはぶーぶー言ってますが、こっちはお前を乗せてもっと大変だったんじゃ! と叱咤しながら道路の内側を歩かせてゴールに追い立てます

そんなこんなでやっと目的地、ケーブルカー入口バス停に到着、あ~~疲れた~~
画像

画像


ここでまたしばし休憩、待合所で休んでいたら、小さいのは聖蹟桜ヶ丘から来たというお話し好きなおばさん(というか80歳!)にりんごジュースを買ってもらっていました、どんだけおごられ体質なんじゃっ!(ご馳走さまでしたm(_ _)m)

そしてまた恒例の商店街巡り
画像

ケーブルカーの所までは行きませんが、階段を登ってたらたら見物しています

画像

秋が更けたら家族2.5人で車で来て、ケーブルカー無しで山頂まで登り、下山後にこんな所に泊まり、温泉入って、豆腐料理食べて、猪鍋食べて、酒飲んで寝たら素敵だろうなあ~、などと夢想しつつ眺めます(ちなみにこの千代見荘は旅館にもかかわらず宿泊はやっていないとの噂も・・・・(電話で確認したらやっぱやってないとのことでした))

前に初島の民宿調べた時もそうだったけど、この手の旅館でサイトがないところは家族旅行レベルだとやはりリスキーかも、経営が高齢化してしまっていて、そもそもやる気のないところも多いみたいです・・・・・・(一人自転車旅とかで素泊まり4,000円レベルのボロ宿覚悟(むしろ期待だったりして)ならありでしょうが

画像

画像


前回は一人で大判煎餅を食べたのですが、今回はこんなのを発見
画像

画像

豆腐アイスって確かにそうだけど、むしろ豆乳アイス? でも、とてもさっぱりしていてゲテモノ感はありません
プレーン豆乳が飲める人なら問題ないと思います

この後、小さいのは参道周辺で本来の目的の化石探し・・・・・・
アンモナイトの化石はありませんでしたが、アロサウルスの子供の頭のホネを発見出来たそうです


さて、当初の予定からもだいぶ押してしまい、このままだと帰宅は夕方を過ぎてしまいます(ほんの散歩がてらくらいのノリでしたので・・・

帰りは246号まで一気の下り、この爽快感が堪りません!! 登りこそが達成感という奇特な方もいらっしゃいますが(それは認めます)、でもやっぱり下りの方が圧倒的にいいっ!!(運動的には全部平らが有難いです)

坂の途中でちょっとだけ寄り道しましたが、伊勢原駅までは基本あっという間に辿り着きました
画像

画像


帰路は伊勢原から田村十字路を抜けて寒川経由のルートにしました
画像


寒川から文教大学のところの坂と、何故か結局着いてしまった藤沢橋から遊行寺の坂が本来鬱陶しいのですが、今回はインチキアシストを使って苦もなくクリア(やっぱ大山ふもとの坂は半端でないわ)

62km、実働4時間10分のインチキサイクリングでしたが、それでも平地50kmくらいの運動にはなったかな?
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2013年09月05日 17:08
う~ん、何というか・・・
おチビちゃんを連れて大山までサイクリングですか・・・
車で行く事を考えても面倒なのに、いくら電動アシストがあると言ってもちょっと・・・
伊勢原あたりからダラダラずっと登りのような気がしますが、相当厳しいのでは???
そればかりか、去年もサイクリングで大山詣でをしていたとは驚きました

そば定食はけっこうボリュームがありますね~
とろろご飯が付いているのがナイスですね
豆腐アイスですか?
豆乳っぽいようなので、自分はちょっとダメ・・・

そうそう、いすずの藤沢工場の先、御所見中の手前あたりにプレシアの工場がありますよ~
2013年09月06日 06:28
ゆけむりさん
さすが湯けむりさん、どこでもお詳しいですね、おっしゃる通り246を曲がるとだらだら登りに入ります
以前は自転車で厚木、伊勢原というのはえらいハードルが高い気がしていましたが、用田までいけばひょいっって感じでずいぶん身近に感じるようになりました

今回は電動アシスト付きなので達成感半分ですが、たまにはこういうのもありかと思っています
前回記事のように大山入口まで自転車で行って、そこから一気に登山、そしてまた自転車で帰宅というプランもありましたが、箱根越え同様、こりゃムリじゃ、ということになり、山に登るなら車で行こうと思いました
定食は1.5人で食べますからね、これがちょうど良いチョイスでした、とろろは味噌より醤油がやはり好みでした、あと湯けむりさんは豆乳はだめだったのですね、知りませんでした(なら豆乳アイスはやはり避けた方が宜しいかと)
プレシアはそこだったのですね、予想以上に近いですね、是非行かねば……

この記事へのトラックバック