やきとり 宮川@茅場町

最近ラーメンばかりに偏っていたのと、せっかく「お江戸」茅場町、八丁堀界隈に棲息しているのですから、たまにはそれらしいものもご紹介しないといけませんね

ここ「やきとり 宮川」も「鳥徳」などと並ぶ茅場町の老舗、茅場町界隈を「鶏の街」として際立たせるのに寄与している中心のお店の一つです

この日はランチで訪問、なんと10年ぶりくらいでしょうか?(この理由は後程明らかになりました)

看板の「から揚げ」定食を注文します

やきとり 宮川@茅場町(東京都・中央区)
から揚げ(850円)
画像

画像

ご飯は大盛りですが同料金

昼メニューはこちらから選べます
画像

でも、ここの体感「から揚げ」注文比率は80%超、殆ど全員がから揚げを食べている印象です

そして、ここのお店にはいくつかの特徴があります

まずは席に座ると鳥スープが出てきます
画像

これに山椒を入れてのむと美味しいのですが、料理が出る前に雑なタイミングだなあ、と思うなかれ

スープを飲み終わってメインの食事がくるときには、また新しいスープが出てくるのです
これはちょっと素晴らしいサービスですね、近くの「鳥ふじ」行った時にそこのシステムだと勘違いしてスープをとっとと飲み、失敗した記憶があります

そして鶏が登場、アップ!!
画像

白っぽいから揚げなのが特徴です、骨付きと骨なしが半々くらいです

そして、もうひとつの特徴がこのポン酢
画像

長葱と七味を薬味にして食べます、ちょっと変わった食べ方ではありますね、ここ「宮川」の特徴のひとつです

しかし・・・・・・・・・・・・・、すっぱ~~~~~~いっ!!!

食べるのは嫌いでないのですが、酸味を吸収すると、歯がぎしぎしして、顔を中心に汗が吹き出すという特異体質の私ですので(他にもそういう方いませんか?)、もう顔中滝状態!!

この経験があったからこそ、前回以来足が遠のいていたのでした、思い出しました

そんななので私の場合、ポン酢で食べて、次は塩で食べて、と交互に1つずつ食べることにしています

書いてるだけで鼻の頭に汗かいてきました、やはり特異体質ですね・・・

ご飯に対して鶏が足りなくなることはありませんが、もし足りなくなっても大丈夫

画像

この壺漬けがジャンクな旨さを醸し出しているので、これさえあればご飯は食べられます

肝心の鶏は何を使っているかわかりませんが、老舗なんで折り紙つきっ(なんという盲目な権威主義的発想!)

冗談です、いい鶏は使っているのかもしれませんが、片栗粉の効いたさっぱりめの美味しさです

最近来ていませんが、夜も外れのない焼鳥を食べられますよ

日本橋界隈にお越しの際は選択のひとつに入るお店です、よろしかったら是非!

やきとり 宮川





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2013年06月03日 09:05
鶏のから揚げをネギや七味を薬味に、ポン酢で食べるとは知りませんでした!
マヨネーズはよくかけるんですけどね・・・
サッパリと美味しそうですね~
でもこちらのは、かなりすっぱかったみたいですね
お茶代わりに鶏のスープが出てきて、また食事時に出るってのは嬉しいですね~
2013年06月03日 19:13
宮川の鶏は唐揚げじゃなくて竜田揚げじゃないかあ、とこコメントを幾つかもらっています
確かにあの醤油味はついていません、普通の唐揚げにポン酢だとやはり合わない気がします
私も決して嫌いでないのですがとにかく体質的にコントロール不能で塩と半々にしています

この記事へのトラックバック