湘南の食卓@自宅

いよいよ待ちに待ったGWが本格化しました どれ程待ち続けていたことか・・・・・・

そんなGWですが、まずは先週のものから

「湘南の食卓」というと海産物を想像しますが、今回は「野菜」と「豚」です

こんなイメージです
画像


この日は実はノーアイデアでJAさがみの直売所「わいわい市」になんとなく行って、そこからアイデアが出てきたのです

そこで購入したのがこのような物です
画像


まずは第一弾、野菜の前菜です
画像

大根スティックと島らっきょうになります

大根は「わいわい」で大きなものが120円で売っていたのを購入したもの、そして島らっきょうはベランダから収穫したものです

昨年秋に初めて島らっきょうを植えてみて、いよいよ収穫期を迎えました!
画像

画像

島らっきょうは普通のらっきょうの様に甘酢に漬けるのでなく、そのままか天婦羅にして食べるものだそうです

で、今回は味噌をつけて食べました、まったくエシャレットみたいですね、ほぼ一緒です
食べ過ぎはいけないでしょうけど、癖もなく新鮮な味わいでした!

次がサラダほうれん草とミディトマトのサラダ
画像

きれいなオレンジのトマトです、市販のフレンチドレッシングで食べました

ここでスープを、新玉葱をまるごと使いました
画像

玉葱の旨みを引き出すため、マギーブイヨンは少量にして塩で味付けします、後はベーコンと一緒に中弱火で煮込むだけ(1時間くらいでしょうか)、仕上げに彩りとしてイタリアンパセリを散らします

イタリアンパセリは苦味が出るからいらなかったかも・・・

パセリはさて置くと、玉葱の甘みととろみが出た優しい味わいのスープです

お次がこちら、さあ、何でしょう?
画像

なんかツナサラダのようですね、三つ葉? セロリ?

実はこれ、葱坊主とシーチキンのサラダなんです!

ご存知でしたか? 少なくとも私は葱坊主を食べる、ということをこの時まで知りませんでした!

こちら
画像

これで軽く湯通しした状態

実はこの葱坊主サラダ、こつがあります

葱坊主は葱のぴりっとした辛みと食感を残すため煮過ぎはNG、30秒くらい「湯通し」するイメージです

そして、とにかく水っぽさを排除することがポイント、お湯から引き揚げたらキッチンペーパーで拭きます

これを薄く輪切りにしていきますが、「茎」のところは通常の葱の青身に近い状態、そして「坊主」のところは切るとなんと小さな花蕾が無数に出てきます

シーチキンも良く油を落とします、そしたら葱坊主とシーチキンを和え、マヨネーズもやや抑え目、塩と黒胡椒で味のアクセントを強調します

葱のピリッとした風味、花蕾のちょっとだけぷちぷちした食感、ツナのまろやかさと黒胡椒のアクセント、これは秀逸な一品に仕上がりましたよ~

いやあ~、田舎暮らしならではのメニューでしたねえ、都会の人間は食べられまい(←ひがみ、笑)

オードブルみたいな食べ物が続きますが、本日の主役の一つ、ミートローフです
画像

ちなみにパンはダイエーで買った硬さのないフランスパンでしたが、焼いたらOKでした

このミートローフ、六会(湘南台の方)にある「高座豚手づくりハム 湘南六会店」で購入しました
画像

神奈川を代表する豚「高座豚」を直売しているお店、たまに訪れます

ここの豚さんを触ると幸せになれるそうです(たまに触ってますが効果は不明
画像


今回はここでミートローフが550円でセールだったので購入
画像

画像

結構食べでがありますので、これで550円なら安いですよ

これを切って焼いたフランスパンに乗せて食べるわけです、ミートローフは軽く炙っても可

レストランで出てくるソーセージ(ウインナーでない)みたいなものですね、オードブルとしてぴったり♪

これだけ食べ物があれば何も飲まない訳にはいかないでしょう

実は既にハイサワーなど飲んでいたのですが、これはやはり白かな

ルバイヤード・甲州シュール・リー2011年(1,780円)
画像

最近たまに寄る戸塚の「込山仲次郎商店」にて購入したものです(基本は日本酒購入店にしています)

甲州種100%、色は淡く口当たりも端麗ですが、仄かにグレープフルーツの香りのする白で、今日の料理には好相性でした

あと、わいわい市ではなんとなくこんなのも買ってみました
画像

「にんにくの芽」とありましたが「蕾(つぼみ)」ですよね、これ食べられるんだあ~

じゃがいもと塩胡椒でシンプルに炒めてみました
画像

基本にんにくの芽なんですが、蕾のところのジュッって食感が独特ですね、さっぱり白にも合いますが、ビールでも良さそう・・・・・

そんなこんなで食べ物も進み、いよいよ最後のメインとなります

高座豚味噌漬けのもやし蒸し
画像


先ほどのミートローフと一緒に買ったお店の看板商品の一つ(たぶん)の味噌漬けです
画像


豚の味噌漬けというととんかつみたいな厚切りロース系が多いと思いますが、今回は薄切りの「バラ」のところがポイント

豚の味噌漬けは焼くと味噌が焦げてしまいますので、ホイル焼きとかが多くなるのですが、今回は薄切りなのでもやしに挟んで蒸し上げます

まずはフライパンに軽く油を敷き、を強火で熱してからもやしを1.5袋投入、その上に豚を敷き、更にその上にもやし0.5袋をかぶせ、蓋をして5分くらい

簡単に出来ます、それとこれだと味噌をそぎ落とさないで味付けに全て使えますので有効活用にもなります

もやしに味噌の味が染み、野菜を沢山食べられる健康料理ですね

なんか幸福な気分になってきました・・・・・、豚さんのおかげですかね?

この日も湘南内陸部の食材で田舎ライフを満喫出来た一日だったのでした

わいわい市 藤沢店


高座豚てづくりハム 湘南六会店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2013年05月04日 15:39
自分のGWはと言うと、溜まっている家の掃除や物置の片づけ、洗車などなどをしています(年末の大掃除みたいです)

湘南の食卓良いですね~
自家栽培の島らっきょうが特にナイスです!
ネギ坊主のサラダはかなり美味しいようですね
でも売っている事自体見た事ないですよ・・・

ニンニクの芽とジャガイモの組み合わせも面白いですね、今度やってみたいと思います!

特になるほどと思ったのは、豚の味噌漬けの調理法です
最大の難点である「すぐに焦げてしまう」のを克服し、本来削ぎ落とす味噌でもやしが美味しくなるとはナイスアイディアですね

ビールでも良いですが、ドンブリ飯に乗せて高座豚味噌漬け丼でも美味しそうですね
2013年05月05日 05:43
ゆけむりさん
島らっきょうは作るのが簡単でしたから今年も秋からやってみようかと思いますが、普通のらっきょうを作って漬けてみるのも面白いかもしれません
葱坊主は私も売っているのは初めてみましたよ、開いてしまっていると遅いですが、閉じたやつだったら出来るんですね、これも新鮮でした
味噌漬けは逆にホイル蒸しとか蒸し物ばかりなので、ちゃんと焼いて美味しさを引き出す方法がないかなど考えております

この記事へのトラックバック