またまた春の食卓@自宅

土日と日替わりで大雨、暴風とやってきましたね、午後は明治神宮までKタン(男)の結婚式に行くので大変です・・・

すっかり春めいて、桜などとうに終わってしまった状況ですが(厳密には桜が終わったのでなく、桜の花が終わったのですし、私はむしろ葉桜や新緑の季節が好きなのですが、本論からは外れます)

これまでも今年に入っていくつかの春の味覚を楽しんでいますが、今回も別の味覚、そしてついでに春らしさを増した畑の様子なども併せて掲載させて頂きます

ここまでの春に纏わる食べ物一覧
春の天婦羅@自宅
http://03990216.at.webry.info/201303/article_10.html
そばよし 京橋店@京橋
http://03990216.at.webry.info/201303/article_16.html
いし井@新橋
http://03990216.at.webry.info/201304/article_3.html

そして今回は筍と鰹です、こんな感じ
画像


そんな訳ですが、まずは庭の畑の様子から
画像

手前では菜の花がこじんまりと花を咲かせていますが、もう種をつけ始め繁殖モードになりつつあります

真ん中のが生育は悪くほっといた大根、もうえらい伸びて花を咲かそうとしてます
花蕾を摘んでお浸しのようにしてもいいのですが、観賞用に花を咲かせることにします

先週まで食用だった春菊も一斉に蕾を付け始め、食用は既に終わりました

そして、ルッコラも花を咲かせています
画像

可憐というか地味というか、面白い花ですね

そしてブルーベリーも蕾から一部は開花しています
画像

6月頃から沢山の実をつけますので、今年は鳥害対策を完璧にして多収穫を目指します

無花果(いちじく)も葉が出てくると共に、小さな実をつけ始めました
画像

5~6年鉢で育ててうだつの上がらなかったのを昨年地植えにしたとたん生育が加速しましたので、今年は大きな実を結実させてもらうよう楽しみにしています

そして山椒は勢い良く葉を出してきました
画像

この山椒は実をつけない種類なので(本当は実をつけて佃煮などに出来るよう願っていたのですが・・・)、正にこの季節こそが唯一の活躍場所なのです、この日の隠れた主役でもあります

そしてベランダに移動すると、秋に植えたジャンボにんにくもずぶん成長してきました
画像

プランターに3株ずつ×5で計15株です

こちらが去年収穫した分
画像

7月に収穫期を迎え、外のシャッターに吊るして干しておいて1ヶ月くらいしてから使えるようになります、順次使っています

そして今年、ローズマリーが初めて花を咲かせました、3年前くらいに小さな苗を買ってきて植えたものです
画像


今回初めてやってみたのが「島らっきょう」
画像

4月収穫とのことですからもうすぐですね♪ 普通のらっきょうみたいに漬けるのではなく、味噌をつけたり天婦羅にするそうです

にらも冬を越して新しい葉が伸びてきました
画像

これはレバニラ炒めor餃子用

あと、そしてこちらがベランダの自称「苺畑」(笑)
画像

去年は実質プランター7つで栽培し、初めてまともに収穫出来ましたが、今年は倍増させました

去年の苺
画像


今年も花が咲きました、これが来月、再来月くらいに赤く実になります
画像

苗の多くは昨年のランナー(脇芽)を育てたものと、あとは元苗をそのまんまにしていたもの、苺って多年草だったんですね(二年目以降のは実が小さくなるとか言いますけど・・・

これまた雑にほっといて鳥などに食べられないように網かけする予定です

そしてこの日は春の味覚を楽しむためにJAさがみの直売所「わいわい市」(藤沢店)に行って来ました

わいわい市
http://www.jakanagawa.gr.jp/sagami/use/sosiki/farmers/waiwai.htm
小田急六会日大駅近くになります

ここは本当に多くの野菜、産物が廉価で売っています、大きな大根も100円です!
ここに来ると、田舎暮らしの有難さを実感しますね・・・

で、筍を購入しました
画像

中サイズで800円、ぬかも付いています

これを帰宅後茹でます
画像

竹串さして・・・・、とか言われますが、一時間くらいが目安です、あと大きすぎても鍋に入りません

火が通ってから、皮を剥いたのがこちら
画像


これを薄く切って、油揚げと共に煮付けます
画像

水、醤油(濃い口&薄口)、味醂、酒で落し蓋をし、30分程度煮詰めます(中弱火)

煮汁を筍ご飯の出汁にします

下ごしらえはこの程度で、鰹の叩きを作成!
画像

にんにく、玉葱スライス、きゅうり千切り、大葉、みょうがでぽん酢をかけ回します

今年は鰹が豊漁で例年の4割安なんだそうです、脂も乗ってるとのことでしたが、初鰹に近いものなのでさっぱり目でした

さっきの筍の穂先にかけては蕗(ふき)と一緒に煮詰め、最後に鰹節と絡めます
画像

ここで先ほどの山椒さんが登場、香りづけに一役買います

タタキと煮物で純米生酒「謙信」が進みます、浴衣でも着て味わいたい食事ですね

この日はアルコールはほどほどにして、〆とします
画像

筍ご飯は、筍だけ、筍と油揚げと鶏、など色々バージョンがありますが、今回のはあっさりバージョンで筍と油揚げのみ、好評でした、ここでも山椒さんが活躍、というよりは必須!

こういう食生活をしていればなんか人間らしい気がするのですけどねえ~、ギトギトラーメンはやはり身体に悪いんじゃないでしょうかねえ~~(じゃあやめれば

この日は早めに就寝、疲労回復しなくちゃ・・・・・

翌朝は金曜に東急ストアで買った閉店セールの焼売と、つけ麺で余った味玉、そして前日の残り物で弁当にしてみました(家族用)
画像

これはこれで美味しそうですね♪





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2013年04月07日 16:09
筍の煮物や鰹のタタキも凄く美味しそうです!
春を味わう、実に素晴らしいですね

そして何よりビックリなのが、これほど多くの食べられる植物を育ってている事です!
これだけの植物を育てられる庭があるのもビックリです
それとともに羨ましいですよ~

イチゴやブルーベリーが収穫できるってのも羨ましいなぁ~

自分もだいぶ前ですが、ナス、トマト、きゅうり、大葉、枝豆、ししとうを育てていました!
1坪ぐらいの小さな畑でしたが、食べられるものが収穫出来るって本当に嬉しかったです!
ししとうが一番簡単で夏から晩秋まで収穫できましたよ~
2013年04月09日 21:50
ゆけむりさんも色々育てていらっしゃったのですね
横浜市とは名ばかりの外れの田舎なのでスペースだけはあるのは有り難いことです
育てた達成感、充実感を得るためにブルーベリーも含め苗木の小さい物で植えましたので、実を着けるまで数年を要しますが、長いように思えてあっという間ですね
叩きは正直戻り鰹の方がやはりいいと感じました、筍ご飯は味が濃過ぎることもありますが、今回は好評でした

この記事へのトラックバック