俺のイタリアン YAESU@八重洲

今話題になっている「俺のイタリアン」行って来ました! 新橋でなく八重洲店の方に行きました

だいぶ前に食通T氏から聞いていて、最近でも身近で話題になっており、世間でも話題になるところでは相当ホットなテーマになっているお店です

ひとことで言うと、「かなり本格的なイタリアンが格安で食べられる しかも立ち飲み!!」というお店です

予約すれば椅子もありますが、少人数だったらふらっと行って立ち飲み、ただし大繁盛店なので待ちリスクは覚悟!

俺のイタリアン YAESU@八重洲(東京都・中央区)
画像

八重洲ブックセンターの裏、って言い方が一番わかり易いかと思います


ここで話題になるのがそのビジネスモデル、お店のコンセプトは

「星付きレストランの味を立ち飲みスタイルで!」というものです、確かに発想力ありますね、盲点でもあります

ここの創業者は坂本孝氏、あのブックオフの創業者でもあり、ブックオフを諸々あって退任した後、起こしたお店です

通常の原価率30%程度を70%程度までに高め質を確保する一方、回転率で数量効果を求めるという手法です

想定客単価は3,000円!


まあ、能書きはいったん置いて見て行きましょう

この日は週前半の平日、19時前に到着しなんとか待ちなしで入れました

カウンターに通され狭いながらも場所を確保!

お通しはチーズ、チーズは素人なのでわかりませんが、ハードタイプのチェダーみたいなものです
画像

ワインに合いそう~♪

そしてまずはスパークリング、二種類です、グラスで頼みます
画像

左がシャンパーニュ(850円)、「シャンペン」と呼んでいい「スパークリング」です(笑)、そして右はボルドーのスパークリング(600円)

並々注がれます
画像

シャンペンも勿論ドライで美味しかったですが、私はボルドーも辛口ながらしっとりしていて悪くない気がしました

そして、なんと言っても立ち飲みですから「つまみ」を頼みます

宇和島産豆あじのカルピオーネ(380円)
画像

マリネのようなものです、綺麗ですね、味もばっちり!

そしてもう一つがこちら

宮城県産森林鶏レバーのクロスティーニ(380円)
画像

レバーペーストですね、写真ではわかり難いですが相当どっさり乗っています

濃厚かつ大量のレバーペーストで、小鯵マリネとこれだけでもう充分って感じ!

それぞれが380円ってのは驚きですよ!

ここでお店の人から「焼き物は30分くらい掛かりますので、ご注文あれば先に承りますよ」っていうので注文

ただし、15分で出てきました、だったらまだ頼まなかったのに~(これから行く方は要注意です!)

で、頼んで出てきたのがこちら

松坂豚ロースのロースト(1,280円)
画像

これも写真だとわかりにくいんですが、相当デカイんですよ~

本当は牛頼むつもりだったんです、でも「松坂」って見た瞬間に反射的に「牛だっ」って思ってしまったんです

松坂の「豚」って知りませんでした

で、切り分けて食べますが、脂のしつこさがなくていいっ!!

想定以上の短時間で出てきたので少しペースが狂い、早々に赤を頼みました

ロッソ・ディ・ノートリ(2,630円+990円)
画像

トスカーナのサンジョベーゼ、「スーパータスカン」に属するそうです

スーパータスカンは既存製法を超えたワインで、フランスの樽熟成など新たな製法を取り入れたものです(で良かったかな?)

今回のはバランスの取れたミディアム~フルボディ、タンニンもまずまずしっかりしていて破綻のない一本です

そして、ここのワインの方法

お店で提供されるワインの価格は、通常ショップ価格×2.5~3(1,000円のワインが3,000円)ですが、ここでは全てショップ価格+990円、というもの

つまり3,000円のワインが通常9,000円程度するものが、ここだと3,990円ということになります

そしてイタリアンですからやはりパスタかピザ(ほんとはメインの前に来るはずだった・・・・)

頼んだのがこちら!

ウニと下仁田ネギのカルボナーラ
画像

聞くだけでよだれが垂れてきそうですね(笑)

下仁田葱の甘みが感じられます、意外やさらっとしていました、生クリームたっぷりの濃厚こてこてをイメージしていたのでちょっと「がくっ」ときましたがOKです

本当はピザやらトリュフのリゾットやら食べたいものが一杯あったのですが、ほぼ満腹になってきたので、デザート食べてお開きに
画像


とにかく一皿ひとさらがデカいんです! 冒頭お話ししたように「小あじ」と「レバーペースト」だけでも充分なくらい

味は充分合格点だと思います、値段抜きにしても良く出来ていると思いますよ、サービスも及第点(なんと言ったって「立ち飲み」なんですから)

今回これで一人5,000円、想定単価の3,000円より高かったのは飲み物によるところが大きかったと思います

前菜的なもの数品とこれまた大きなピザで、ワインを数杯、というやり方にすれば単価も引き下げられます

さて、ここでお店の展開なのですが、「俺のフレンチ」、「俺のやきとり」など併せ多店舗展開を目指しているようです

でもねえ~、料理人確保だって楽じゃないと思いますし、そもそも回転率頼みのビジネスモデルってリスキーな側面があるのですから、目の届く範囲で手堅くやった方が絶対正解だと思うんですよねえ~

それに、この手のって希少価値感も重要で、ラーメンだって二郎こそ各所それなりに繁盛していますが、大勝軒(池袋)だって天下一品(都内では江古田、池尻大橋)のように当初のところから拡がりすぎると有り難味まったくなくなってしまうんですよねえ~

枯れた老経営者が儲け度外視で趣味でやっているお店かと思ったらどうやら違うみたいです、IPO目指しているのか、かつてのリベンジを図っているのか、そこら辺のことは量るべくもありませんが、八重洲の「俺イタ」が気に入って長く続いてもらいたいろと願う一顧客としては、ただお店がなくならないことを願うばかりなのです

俺のイタリアン YAESU





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年02月13日 05:34
初めまして
湯けむりさんのサイトからきました。
暮れに銀座に出たときに
俺のイタリアンに大行列ができており
「俺シリーズ」を調べたら、俺のイタリアンとか焼き鳥とかあるんですね!
ぜひ、訪問したいと思っていますので大変参考になりました。
ありがとうございました。
充実した食ブログで素晴らしいです。
2013年02月14日 22:12
清兵衛さん
初めまして
俺シリーズは割烹もやるみたいですね
同料理での拡大は限界があるとの認識で多種展開を図るみたいです
それと坂本氏は雑誌で料理人の幸せを追求すると述べており、理念はもってやっているようです
ただ、IRやPRでも同様に立派な理念を語る方は大勢いますので、真価を問われるのはこれからだと思っています

これからも宜しくお願いしますm(_ _)m

この記事へのトラックバック