麺匠 たか松 日本橋茅場町店@茅場町

昨日(9月10日)オープンの新店に開店翌日に行ってきました

麺匠 たか松・・・・・・・・・京都の有名つけ麺店であります、知らなかったけど・・・・

開店二日目と言うことで、特有の活気に満ちており京都からの応援なのか、今後のスタッフなのかわかりませんが、結構な人数で呼び込み含めやっていました

ここのコンセプトは「鶏魚介」、京都では一定の評価を確立しているようです

では、さっそく見てみましょう

メニューは大きく二つ、「鶏魚介つけ麺」、「塩鶏らーめん」になります、まずは定石通り看板を注文

麺匠 たか松 日本橋茅場町店@茅場町(東京都・中央区)
味玉鶏魚介つけ麺大盛(850円+100円)
画像

画像


結論 : スープは想定内、麺は独自色、その他は良かったり然程でもなかったり・・・・・・

ここの特色はなんと言っても全粒小麦粉を使った細麺でしょう、これは多加水太麺の通常のつけ麺と明らかに異なります、黙って出されたら「蕎麦?」となっても不思議がないかもしれません
画像


スープは豚より鶏を強調しているだけあってしつこさは有りませんが、相当に濃厚で所謂「持ち上げの良い」スープです、最後にスープ割りを楽しみたい方は気をつけないとなくなってしまいます
画像


店お奨めの食べ方はこちら
画像

①そのままたべる
②玉葱を入れる
③麺にすだちを絞る

というものです

玉葱は変化と言うよりは、「やすべえ」などでは普通の付け合せの一種ですから、殊更何も感じません

酢橘(すだち)は麺に絞って、確かに爽やかさ、上品さを感じましたが、如何せん果汁の少ない酢橘だったので効果は限定的でした

お約束の麺をそのまま一口、スープをごく軽くひとすすり、その後「七味」をかけますが山椒入り七味ですかね?アクセントとしていいと思います

あと、注目すべきは「電子レンジ」!

じつはこれ、自宅でやったことあるんです!

「あびすけ」を中心にIHヒーターを置く店もごく散見されますが、自宅でIHがない場合は私は電子レンジで温め直していたのでした

これって、なんどもやり過ぎると香りが飛ぶってデメリットがありますが、とにかく熱いスープで食べたい、って時は有効です、お店に置いてしまうのがちょっと笑えますけど・・・・・・・・

食べ始めでぬるいと感じた時と、スープ割りした後、二回やってしまいました

ちなみに私以外は誰もやってませんでした(笑)、勇気がいるんだか、こだわりがないのかどちらかでしょうね(笑)

スープ割りはちょっと入れ過ぎて薄くなってしまいました、卓上の「あおさ」を入れて悪くありませんでしたけど、個人的には「あおさ」はどっちでもいいかな?
画像

画像


そうそう、麺は普通盛で200g、大盛で300g、特盛で400g、大盛までが料金一緒で特盛が100円増しです


食べてみてまああり、悪くないですが、積極的に来るかなあ? 店の開店特需が1週間、3ヵ月後にはかなり沈静化している予感がします

同じく新店からスタートした「たかし屋」と比較すると、デフォのラーメンの単価が全然違う(たかし屋のラーメン490円、ここのラーメン750円、デフォつけ麺850円)ので、たかし屋が一定の定着感をもって営業を続けているのとは訳が違うと思います

決して悪くはないとは思いますが、京都は京都、つけ麺店は腐るほどある都内での戦いでは、それなりの覚悟をもって臨まないと、半年後はどうなっているかわからない印象を受けました

麺匠 たか松 日本橋茅場町店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック